イタリアブランドの取り入れやすいメンズアクセサリー


9387c66490715a175651b53630c42a09_m

大人のお洒落をランクアップするのは、然り気無いアクセサリーです。女性と違い、アクセサリーを付ける事を恥ずかしがる男性もいますが、チラリと見えるアクセサリーは男っぷりもアップするもの。伊達男に学ぶ洒落たアクセサリーを見つけて自分のものにしてしまえば、女性の目線も変わります。

今回は、イタリアブランドからファッションに取り入れやすいアクセサリーを紹介していきます。お洒落で品のあるアクセサリーを身に付けて大人の色気を纏ってください。

【ZOPPINI(ゾッピーニ)】

自分でパーツが選べるアクセサリーブランドとしても有名で、ステンレス製のブレスやリングが人気です。あゆこと浜崎あゆみさんがフィーリングブレスを愛用している事でも知名度が高いですね。セレブやアスリートにもファンが多く、パーツを選んで自分だけのオリジナルが作れるのでシックにもカジュアルにも使い回せます。

【GaGa MILANO(ガガミラノ】

本田圭祐選手やジローラモさん愛用の時計ブランドですが、時計のクオリティを持ちながらアクセサリーとしての存在感は圧巻。男性にとっては、時計もアクセサリーの1つ。 GAGAはミラネーゼがダンディな男性を指す賛美の言葉で、自分の価値観にこだわり独自の世界観を持つ男性に与えられる勲章のようなもの。クラッシックな懐中時計がそのまま腕時計に変貌する姿は、こだわりを持つ大人の男性が身に付けるべきものです。GaGa MILANO(ガガミラノ)が似合うようになれば一人前の男として認められたようなものですね。

【CHIMENTO(キメント)】

日常使いのゴールドアクセサリーとして、雑誌でも取り上げられ日本でも人気がじわじわと出ているブランドです。シンプルな中に気品のある美しいフォルムが特徴的で、ゴールドジュエリーマイスターの異名を持つだけの事はあります。ブラックスピネルを用いたスクエア型のデザインは、大人の日常に溶け込みやすくカフスボタンでアピールすればダンディズムの香りが漂います。

【MARNI(マルニ)】

毛皮や革製品で有名なMARNI(マルニ)は、ファッションプレスやトレンドセッターからも毎年注目をされていますが、2015はスニーカーにも注目が集まっています。定番のフスベッドは、ジャケパンスタイルに合わせて足元でヌケを作るには最適なアイテム。毛皮に抵抗があるなら、スニーカーで軽快さをプラスするのもキモでしょう。

【D SQUARED2(ディースクエアード) 】

イタリアのモードにアメリカのカジュアルをミックスしたブランドで、マドンナ、ジャスティン・ティンバーレイクやニコラス・ケイジが顧客と世界を股に掛けるラグジュアリ―なアクセサリーを展開します。バンクーバーオリンピックではカナダ選手の衣装を手掛ける等の活躍ぶり。クロスモチーフを得意として、ペンダントはナチュラルな光沢感とロゴがクール。カジュアルスタイルを引き締めるアクセントとして合わせやすいのも魅力です。

【Damiani(ダミアーニ)】

アールデコを現代に再現したかのようなデザインは、存在感があり特に「ベル・エポック」のクロスを二重構造としたデザインは建築的な美しさを見せます。「ディ・サイド」ではブラット・ピットとデザインしたことでも話題になりました。他にもソフィア・ローレンとのコラボレートコレクション等何かと話題になるジュエリーブランドです。大振りのペンダントは、カジュアルスタイルのワンポイントとしてカットソーに合わせて身に付けてみては?

【BVLGARI(ブルガリ)】

代々銀細工師の家に生まれたソティリオ・ブルガリは、幼少から銀細工に慣れ親しみローマに店をオープンしてからは、息子のジョルジョに受け継がれました。ルネッサンス美術を学んだジョルジョの感性により、あまりにも有名なブルガリ・ブルガリの時計をはじめとして、指輪等のアクセサリーも未だに人気があります。今では若い世代も財布やバックを持っているので日本では「今さらブルガリか」と敬遠する男性もいますが、エレガントでありながらスポーティなラインを毎年発表するなど高級腕時計としては不動の地位にあるもの。時を刻む時計にこだわるなら、アクセサリーとしてBVLGARI(ブルガリ)は体の一部として存在するのです。

お洒落なアイテムは使えなくては意味がありません。リアルに身に付けられて、回りから好印象を持たれるようなコンサバスタイルを作るにはベーシックにトレンドを取り入れるべく。アクセサリーはあくまでも、体に溶け込むようなものでなければ意味がないのです。今回紹介したブランドは、洒落ものなら抑えておきたいものばかりです。こなれ感を出すにもアクセサリーが存在は必須なのです。