女性は注目している!モテる男のバーでの振る舞い方とは?


98a667ff6ba7dcb5d0d7382b9438b90a_m

こんばんは、Hitomiです。

夜のデートで、食事をした後まだ話したりない時、ゆっくり会話を楽しむ場所として、どこを選びますか? 素敵なカフェでお茶をするのもいいですが、大人同士のデートでしたらさりげなくバーに誘えるととてもかっこいいですね。

それでは女性の立場から、モテる男ならわきまえておいてほしいバーでの振る舞い方をアドバイスをしましょう。

バーに入る前から見られています

食事の後、バーに誘ってOKしてもらえたものの、その時から「さて、どこのバーに行こうかな?」と調べ始めるのは絶対ダメ!行き当たりばったりで目に付いたバーに入るものよくないです。特に週末の夜は、満席の場合がよくあります。バーは、カウンターだけの席数が少ない小さなお店がほとんどだからです。1件目は満席、2件目も満席、3件目も…。という状況になってしまったら、女性も気持ちが冷めてしまいます。運よく入れたとしても、そこがマナーの悪い客でいっぱいの雰囲気の悪いバーだったら、女性を嫌な気分にさせてしまいますし、静かに語り合う雰囲気も作れません。

そうならないように、事前に静かな雰囲気のバーをリサーチしておきましょう。繁華街から近くてあまり歩かずに行ける場所にある方が、女性も警戒しないでついて来てくれます。

親切なバーテンダーのいるバーでしたら、女性が「お酒が強くないから」とあまり乗り気でなくても、アルコールがごく少量のカクテルやノンアルコールカクテルを出してくれるので助かります。

でもあらかじめ席を予約しておくのは、あまりおすすめできません。初めから全部計画していたのでは、前のめりな感じがして女性が引いてしまうかもしれませんから。バーに行くことがきまったら、その場でバーに電話を入れましょう。「今から2人で行きますけど、席は空いていますか?」と聞き、空いていたら席を確保しておいてもらいます。それくらいの「ゆるさ」が、バーに慣れている感じがしてかっこいいです。もちろんそういうバーを2、3件、アドレス帳に登録しておくことをお忘れなく。満席と言われたときに、すぐに代わりのお店で対応できるようにするためです。

女性のオーダーを手助けする

バーでの振る舞い方は、相手の女性がバーに慣れているか初めてかによって若干違ってきます。バーに慣れている女性でしたら自分でオーダーすると思いますが、バーが初めてという女性だったら、オーダーを手助けしてあげましょう。

自分のお酒を注文した後、「彼女はバーが初めてなんだけど、何かおすすめのカクテルを出してあげてください」と言うと、バーテンダーが女性に、アルコールは強めか弱めか、フルーツ系がいいか、炭酸は苦手かどうか、甘みが強いほうがいいかさっぱりした方がいいか、好みを聞いてきます。バーテンダーはきっと彼女の好みにぴったりの一杯を出してくれるでしょう。これで彼女のバーデビューは、とても満足のいくものになります。次回から「またあの素敵なバーに連れて行って」と言われたら、大成功です。

バーでは「話す」より「聴く」

お酒を飲んでいる間は、静かに会話を楽しみましょう。一番慎むべきはお酒の知識のひけらかしです。もし尋ねられたら簡潔に教えてあげてもよいですが、それ以上はやめておきましょう。バーでは女性もリラックスして、いつもよりたくさん話をしたがるでしょう。自分の話をするより、女性の話を聴くことを心がけましょう。男性が飲むお酒はショートカクテルより、ロックかストレートがおすすめです。ちびちび時間をかけて飲むお酒を選ぶことで、長く一緒にいたいことを表現できるからです。

バーは大人が集まるところですから、振る舞い方によって「大人としての格」が試されるのは当然のことですね。しかし大事なのは相手への思いやり。同席する女性はもちろん、バーテンダーや他の客にも迷惑をかけないで、一緒に楽しい時間を共有しようとする気持ちがあれば、自然と良い振る舞いができるはずです。