いいカメラを持ってみたい!初心者のためのおすすめ一眼レフ


a9701c5a0cbb77b0ad1ff1023aee1547_m

Danaです。今日は一眼レフカメラのお話です。

スマートフォンでも様々なアプリが登場し、趣のある写真を撮ることができるようになりましたが、スマートフォンをきっかけにもっと良い写真を撮りたい、いいカメラを持ってみたいと興味を持つ方も多いと思います。そこで、今回は初心者にもわかりやすい一眼レフのおすすめをご紹介します。

一眼レフとは?

そもそも、一眼レフとそのほかのカメラの違いをご存知ですか。一眼レフカメラとは、スチルカメラの構造をもつカメラのひとつで、レンズとフィルムの間に鏡があり、実際に撮影される対象のものを光学ファインダーで確認することができるもののことをいいます。

フィルムカメラにも、デジタルカメラにも一眼レフカメラはありますが、最近はデジタルカメラふが主流になってきています。
ほかのデジタルカメラよりも圧倒的に画質が良く、ピントも自分好みで合わすことができるのでおなじ被写体や風景を撮っても、バラエティに富んだ写真が出来上がるのが特徴のひとつです。
また、様々なレンズと交換することができるため、シーンによっておなじカメラをレンズを交換することで使い分けることができます。

初心者はニコンかキャノンで

一眼レフカメラの国内のシェア率は、ニコンとキャノンが約90%を占めています。そのため、レンズや本体の種類も豊富で、選択肢が増え、初心者から上級者までレンズを交換するなどして長く使うことができます。プロのカメラマンも、多くはニコンかキャノンを使用します。さらに、利用者が多い分、使い方がわからなくても解決しやすいことがあります。

ただし、実際に購入するときは必ず店頭へ実際に行ってみてください。店頭スタッフと話しながら、自分の用途に合わせて選ぶことが大切です。初心者は特に、自分の判断で選んでしまわず、インターネットでの購入も避けるようにしましょう。

ニコン

ニコン(Nikon)は、日本の光学機器メーカーのひとつです。カメラやデジタルカメラ、双眼鏡、望遠鏡、顕微鏡なども扱います。
これまで、NASAでの宇宙空間の写真や南極での観測など、自然や報道を対象にする場合に多くニコンが使用されてきました。プロのカメラマンも、風景を撮影する場合は多くがニコンを使用されます。その分、オートフォーカスの正確さには定評があります。ピントが正確に合うことで、これまで様々な自然の写真や報道の歴史的瞬間を捉えてきました。

キャノン

キャノン(Canon)はカメラやビデオなどの映像機器、プリンターなどの事務機器などを製造している会社です。
オートフォーカスのスピードが速いことが特徴のひとつに挙げられます。オートフォーカスとは、カメラを半押しして自動でピントを合わせてくれることで、自分でピントを合わす必要がありません。

動いているものなどを撮影したい場合にはキャノンがおすすめです。そのため、スポーツカメラマンのほとんどはキャノンを利用すると言われています。

ニコンが風景を撮影するのに向いているのに対して、キャノンは人を撮影するのに向いています。肌をきれいに写すことができ、実際より”好ましい”色で撮影することができます。人物を中心に撮りたい方はキャノンをおすすめします。

初めて購入する際には・・・

とはいえ、ニコンやキャノンの一眼レフカメラにも様々なレベルがあり、値段も大きく違ってきます。プロが使用する高額で高価なカメラから、初心者向けの使いやすい、一眼レフとしては手頃な価格のものまで揃っています。

また、最新作の型でなく、1年前の型のものなどは比較的やすく購入することができます。最新のものでなくても機能が見劣りすることはないので、まず一眼レフを手に入れたいという方には問題なく使用してもらうことができるはずです。

初心者の方が購入する一眼レフの予算はだいたい5万円から10万円を目安にしてください。カバーやレンズに傷がつかないようにするシートは別売りなのでそれらを合わせると本体プラス1万円くらいです。
最新のものだと総額で10万円程度だと考えてください。

自分であらかじめ予算を決めておき、その範囲内で購入できるものを購入するのが良いと思います。別売りのレンズなどは、レンズのみで数十万円するものが多いので、まずは付属のレンズのみで慣れることをおすすめします。

 

いかがでしたか。
決して安くはない買い物なので、十分に考えて購入することが大切です。店頭のスタッフとも相談しながら自分に合ったカメラを選んでください。