旅慣れ男のおすすめキャリーバッグ


5813c31b33d56fd34929bf1c8c2d939a_m

海外用や国内用、機内に持ち込めるもの・・・など、種類も用途もたくさんあるのがキャリーバッグです。特に男性は、女性に比べて荷物が少ない人が多いので、必要以上に大きいキャリーバッグは持ち歩きたくないものです。

しかし、慣れていない男性はどのキャリーバッグを選んで良いのかわからない方も多いと思います。
そこで、今回は私Danaがキャリーバッグの選び方をご紹介します。

日数と大きさの目安

キャリーバックのサイズは、もちろん旅行の日数などにも左右されますが、自分の身体のサイズに合ったものを選ばないと、旅行中に持ち運ぶのがしんどくて苦労することがあります。自分の身長に合わせたものを選ぶようにすることが大事です。また、旅行の日数とキャリーバッグの大きさの目安があるので、それを参考に自分に合ったキャリーバッグを選んでみてください。

容量が40L(リットル)程度のものは、1~2泊、45~59Lのものは3~4泊が目安になります。本当に荷物が少なくて済む方は、40L程度の大きさでも、3、4泊できてしまう方もいらっしゃいますが、旅行先に行くのであれば、お土産などで行きより帰りの方が荷物が多くなってしまうことも考えて、少し余裕のある大きさを選ぶと良いでしょう。

また、仕事で遠出される場合で、荷物の容量に余裕がなくて良い、という方で、スーツも着まわしするという方は40L程度のもので3泊を目安にしても問題ありません。

海外旅行などへ出かける場合、必然的に日数も長くなるかと思いますが、その場合は、60L以上のものを用意すると良いでしょう。自分の身体に合うかどうかは、取っ手の部分が伸び縮みする感覚を確かめてみてください。

2週間以上の長期滞在を考えている方は100L近い容量のキャリーバッグを選ぶことをおすすめします。しかし、それでも小さい可能性があるので、どうしても必要な方は飛行機会社に料金を支払えば、持っていけるキャリーバッグの量も増えます。ただし、旅先で服の洗濯をするなど工夫をすることで対処できることは対処して、必要以上の荷物を持っていかないことをおすすめします。

キャリーバッグのサイズが大きすぎて困ること

旅行などでは特に、キャリーバッグはできるだけ大きい方が良いのではないかと考えている方も多いと思います。大きければ大きいほど良い、と考えている方は要注意です。

キャリーバッグが大きいと、詰め込める荷物も増えるので、その分重くなってしまい、自分の身体に負担がかかります。また、飛行機会社によって一人あたり積み込める重量が決まっているので、あまりに大きいキャリーバッグを利用し、詰め込むとその重量をオーバーしてしまうことがあります。
料金を払えば乗せてもらうことはできますが、決して安くはありません。

逆に、荷物が少なくて良いのに、キャリーバッグだけが大きいと中の荷物が移動中に動いてしまい、ぐちゃぐちゃになってしまうことがあります。洋服でも、シワになったりすると困る事もあります。また、割れ物などを入れていた場合に、中身がぐちゃぐちゃになって動いてしまい、割れてしまうと大変です。

キャリーバッグのサイズが小さすぎて困ること

一方で、キャリーバッグが小さすぎて困ることも、もちろんあります。必要な荷物が入らなければ元も子もありません。また、帰路についた際に荷物が増えてキャリーバッグに収まらなければ手持ちの荷物が増えてしまいます。
手持ちの荷物に、さらにキャリーバッグを持つのは大変です。
また、機内にキャリーバッグを持ち込みたい方は、サイズが決まっているので十分に気をつけて下さい。

まとめ

自分の身体に合ったサイズのものを選ぶのはもちろん、旅行日数や、用途などもよく考えておく必要があります。
行きと帰りの荷物の量の違いなども予想しながら、大きすぎず、小さすぎないキャリーバッグを選ぶようにしましょう。