配慮できてる?タバコを吸うときのエチケットとは?


4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_m

Hitomiです、今日もデートアドバイスをしていきましょう。今日のテーマはタバコ。

タバコを吸う男性にとってはつらいことかもしれませんが、近年はタバコを吸えない場所が増えました。仕事中はもちろん吸えませんし、タバコが苦手な人と同席しているときも吸えません。人がタバコを吸うところを見る機会も減りました。なので、結構長い知り合いでも「この人タバコ吸うんだ」とびっくりすることがあります。

「タバコを吸う男性は絶対NGという女性でないことが前提ですが、今まで遠慮して吸わなかった男性がある時からタバコを吸い始めると、なんだか心を許してくれたような感じがあります。「私といる時リラックスして、素の自分でいられるんだな」と女性は感じます。そこで初めて見せるタバコを吸う仕草がかっこよかったりすると、女性の心をドキッとさせること間違いなしです。

でも逆にエチケットが感じられない吸い方をすると、女性はドン引き。そんな人は吸わない方がまだマシです。せっかくのタバコという小道具を最大限有効に活用して、配慮ある男性を演出しましょう。

毎回「タバコ吸っていい?」の一言を

初対面の人の前でタバコを吸うときは、誰もが「タバコいいですか?」と断りを入れますよね。でもここで大事なのは「毎回聞く」ということなのです。女性は男性がタバコを吸うことを知っている、男性も女性がタバコを気にしないことを知っている、それでも毎回礼儀として尋ねることに、女性は配慮を感じます。女性にも時には体調がすぐれなくて、煙やにおいに敏感になってしまう日もあるでしょうし。狭い部屋や車の中は特に、服や髪に匂いがつくのを嫌がる女性もいます。

毎回となるとかなりめんどうですよね。気心が知れてくると「もういいか」となってしまいそう。でもここはふんばって、もう少し続けてみましょう。うちとけた仲になっても、最初と変わらず気遣いを見せてくれる、自分のタバコを吸いたい気持ちより、女性の居心地の良さを優先してくれる、そんな男性に女性は心を動かされます。

歩きタバコは厳禁!

喫煙スペース、喫茶店や飲食店の喫煙席、バーなど、灰皿が置いてあって喫煙が許されているところ以外では、吸わないようにしましょう。歩きタバコは、正直あまりかっこいいと思われません。人混みを歩くときなどはとても危険で迷惑ですし。何より、喫煙スペースまで待てないほど吸いたいという余裕のなさが感じられます。コントロールできないくらいのヘビースモーカーという印象があります。

吸い終わった後ポイ捨てなどもってのほか! マナー以前の大人としての常識を疑われます。「携帯灰皿を持ち歩いているから大丈夫」という男性、ちょっと待って。左手に携帯灰皿、右手にタバコを持って立っている自分の姿を想像してみてください。あまりかっこいい姿ではないはずです。携帯灰皿は持ち歩かず、もちろんポイ捨てもせず、決められた場所以外では吸わないというのが、スマートな大人です。

口臭に気をつけましょう

タバコを吸う人は吸わない人以上に、口臭に気をつけてください。自分ではあまり気がつかないものですが、タバコを吸わない人にとっては、タバコを吸う人の口臭はとても気になります。そんなに顔を近づけていなくても面と向かって話をするだけで、口からタバコの匂いがするくらいです。

タバコを吸った直後に、マウススプレーやガムなどで匂いをすぐにケアしましょう。そのままにしておくと、タバコと食事やコーヒーなどの口臭が混ざって、何とも言えない嫌な匂いに変化していきます。タバコを吸ったことも気づかせないくらいの配慮ができれば、完璧ですね。

 

最近はタバコを吸う男性はだんだん少なくなっているようですが、タバコは大人の男性を感じさせるアイテムでもあります。以上のようなエチケットを守って女性に配慮ある吸い方をすれば、タバコを吸うことがマイナスイメージにつながることはありません。ただどんな吸い方をしても、どうしてもタバコの煙や匂いを受け付けないという女性もいますので、そんな女性と同席するときは喫煙を我慢することも必要ですね。