これであなたも注目の的!入学式のパパおしゃれファッション


Exif_JPEG_PICTURE出典 http://www.global-style.jp/archives/19615

春は入学式のシーズン。特に小さな子供を持つパパにとって勝負処です!入学式の主役は子供ですが、親としてはセレモニーに相応しい服装は大切なもの。ママだけが気合いを入れて参加して、パパはカメラマンだけに従事する時代はもはや化石に近い行いです。子供の大切な日を親子で思い出に残すために、パパもお洒落に装いましょう!

セレモニースーツはダーク系?

入学式は明るい服装が基本です。先生方やママの服装を見てもパステルカラーで明るいものが多いのは、入学は「新しい生活への始まり」を意味するから。ところが男性のファッションを見てみると、ダークスーツ一辺倒です。確かに男性のフォーマルスタイルは、ダークスーツですがこれでは「制服と同じ」にしか見えません。

制服好きな日本人の古来からの習慣がそうさせているのでしょうが、これではあまりにもお粗末様。春を感じさせる色を加えて、フォーマルスタイルを華やかに見せるのがお洒落なパパのスタイリングです。特にフォーマルスーツがダメなわけではありませんが、出来ればダークスーツをVゾーンや小物でアクセント付けて洒落た着こなしを考えて!

ブラックフォーマル

結婚すれば先ず用意する、シンプルなフォーマルスーツ。一番間違いない服装ですが、あまりにも「礼装」過ぎるのも考えものです。PTA代表であれば、ブラックフォーマルですが出来れば細身のシャープなデザインを用意しましょう。スーツのデザインにトレンド感があればフォーマルスーツもスタイリッシュです。ポケットにはチーフをアクセントに素敵なパパに変身してください。

ダークスーツでエレガントにファッショナブルに

ビジネススーツを入学式に利用するなら、ピンストライプやチェックのネイビースーツを選びます。シャツは春らしいパステルカラーにネクタイもシャツに合わせて軽快に決めて。クレリックシャツやボタンダウンシャツで若々しさをプラスすれば華やかになります。

プラスチーフやストールで上品に装うのも、回りの目線を引くでしょう。チーフはネクタイかシャツに合わせてストールはスーツに合わせたダークなものを首から軽く下げればお洒落。

ジャケットスタイルで差を付ける

スーツでの出席は鉄板です。あえてジャケットで子供の明るい未来を応援するのも、現代的なセレモニースタイル。基本はネイビージャケットにグレー系のパンツ。パンツのデザインは、トレンドを意識せずにテーパードのキレイなパンツをチョイス。

グレンチェックや千鳥でアメカジスタイルに決めるも良し、トレンドをプラスするならウインドペンのパンチを選びましょう。ジャケットの下にはベストをプラスすると、お洒落でキッチリ感も高くなります。男の子ならお揃いにしてジャケットスタイルに決めても良いですね。子供のジャケットにはエンブレムを、パパはポケットチーフで粋をプラス。

ネクタイの選び方

ビジネスと入学式ではネクタイを変えるのが基本です。レジメンタルかチェックがお勧めです。ペイズリーや小紋はビジネス色が強いので、外した方が良いでしょう。色が明るく講堂や体育館で映える色を身に付けたいので柄がハッキリしている方がポイントになります。スーツと同色にするのであれば、ポケットチーフをパステルカラーにすると派手すぎずお洒落。

まとめ

いざとなると、定番のブラックフォーマルを選びがちです。ブラックフォーマルに白のシャツ、ネクタイは古来からの紋付き袴に由来した日本に多い伝統のスタイルですが入学式には重いかなとも感じます。

特に新調する必要はありませんが、ビジネススーツを入学式モードに着こなせば子供の視線も熱くなるハズ。「パパカッコイイ!」と喜んで駆け寄る姿を想像しながらコーディネートを考えるのも楽
しくなりませんか?ママに負けないくらいファッショナブルに決めてください。

ファッションアドバイザーSAKURAでした。