男性のアイウェアが女性に与える印象とは?


66c69d55ca06c0edfc395b1bcc5b7952_m

一昔は視力を矯正する為のものだった眼鏡も「アイウエア」と呼ばれるようになり、サングラスを含めてファッションアイテムの1つとなりました。

普段から眼鏡を利用している人は、つけっぱなしでバリエーションも少なく印象に乏しいのではありませんか?女性のようにメイクで印象を変えることのない男性だからこそ、アイウエアを使い分けて自分を変身させてみてはいかがでしょうか。

クラッシックなデザインは知的に見える

ハーフリムと呼ばれる、レンズの上部だけに縁があるタイプはシャープな印象を与えます。反対にアンダーリムの下きフレームがあるタイプも最近な人気があります。リムが全体的にない方が、顔をスッキリ見せる効果が高いわけです。ドラマ相棒の水谷豊さんの知的スタイルや映画マルコムXのRay-Banクラブマスターのように知性の象徴として称されている事から「デキる男」を印象つけます。

プレゼンやビジネスにはメタル系

メタル系のフレームは、男性を理知的に見せます。ビジネスシーンでは、非常に印象が良いのですがデート向きではありませんね。冷たい印象を女性に与えてしまうので、仕事only使いがオススメです。

女性に人気のシルバーメタル

ドラマや映画の中でも比較的高収入な役の男性が身に付けているのがシルバーメタル。ウエリントンやスクエアタイプもお洒落ではありますが、スッキリとした印象と知的な雰囲気を出しやすいもの。メタルフレームの似合う男性は、好感度も高いようです。

眼鏡はセクシーでミステリアス

実際にコンタクトを使う男性も多いようですが、眼鏡とコンタクトを使い分ける男性は女性から好印象を持たれやすいものです。やはり「自分に似合う眼鏡を身に付けているのか」が重要なポイントとなり、シーンに合わせて眼鏡を上手く利用すれば好感度が非常に高くなるわけです。

眼鏡は、知的な印象を相手に与えると同時に「お洒落」と思わせるアイテムになりつつあり「似合う眼鏡」を身に付ける男性の評価が高いのです。男性に対する「ギャップ」が良い意味で捉えられるようになった事も強いのではないでしょうか。

複数を使い分けるのが大人のたしなみ

どうしても1本の眼鏡ですませてしまいがちですが、仕事、プライベート、スポーツシーンと最低は3本の眼鏡を使い分ける事で、男を上げられる事が解ります。スマートな印象を与えたり、よりファッショナブルに見せたりと男性にとっては顔の印象をガラリと変えられる必須アイテムにもなりました。

サングラスはキザな感じで上手く使いこなせなくても、眼鏡であれば誰でもナチュラルに自分を表現する事が出来ます。プライベートシーンでは、カラーフレームを使ったりと小物としてのコーデも楽しみたいもの。

また、女性からの視線だけでなくクライアントからの印象も眼鏡で随分と変わるようです。眼鏡は、個性を引き出すと共に自分に自信を持たせてくれる。そんなアイテムとして存在しているのです。

モテ度を上げるアイウエアを選ぶ

モテ度の高いのはシルバーメタルフレームではありますが、顔の形によりデザインもしっかりとチェックすべきです。眼鏡には色んなデザインがあり、顔をシャープに見せたり優しく見せたりも出来るもの。顔の輪郭に合った眼鏡を選ぶことも重要性があるのです。

丸顔は子供っぽい」印象を与えるので、眼鏡でシャープに顔の印象を変えます。ハーフリムの下の縁が無いものや天地(上下幅)の狭いフレームが良いでしょう。直線的なフレームや角のあるフレームでダンディな雰囲気を作れます。反対に顔の角ばった人は丸いフレームで顔を優しく見せることが出来ます。顔の形に合わせて選ぶことは、女性から見て「自分を知っている」男性としと認知されやすく、己を知るものは相手を知る知己も持っているとも思われるものです。

まとめ

自分に似合うアイウエアを身に付ける事は「理解力と知性」を自然に相手に見せているものです。ファッションアイテムとして、自分らしく似合っているのかが重要なポイント。今では、お洒落なアイウエアのブランドやメーカーも増えているので、色んなものを使って自分らしさを演出してみてください。

ファッションアドバイザーSAKURAでした。