外資系企業に転職するメリット


5126a2ceae7e681dfb4954ee68b9f427_m

こんにちは、ディレクターEriです。

外資系企業に転職を希望するが多いようですが、外資系企業に転職するメリットにはどんなことあるのでしょうか?
転職してから、こんなはずではなかったと考えることが無いよう、今日は外資系企業に転職した際のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

 給与水準は高いが福利厚生はほとんどない

もちろん、個々の企業によって差はありますが、概ね外資企業の給与水準は日系企業に比べて10パーセントから20パーセント高い傾向にあります。
専門的な知識がある、実務能力が高いなどといったことを認められて、特別なポシションにつくことができれば、さらに給与水準は上がります。
この給与水準を決めてとなるのは、専門知識、実務能力など本人の実力です。

日本の企業の場合、年功序列や、組織内の派閥などが出世に影響することが多くありますが、外資系企業の多くはそうではありません。
実力=重要な職務=高収入です。

反対に考えれば、仕事の成果があげられない場合には、直接的に契約打ち切りや、減収につながります。
日本の某大手会社のように、本人が言い出すまで会社からはリストラを持ち出さず、それまでの期間は、給与を支払い続けるというようなことは、ほとんどありません。

雇用する側と雇用される側が非常にドライな関係にあるということです。
従って、日本の企業ほど、手厚い福利厚生は望めません。

 海外で働くチャンスが増えるが、会社によっては、周りも顧客も日本人ばかりということもある

国内企業で働いている場合でも、海外へ出向するチャンスはありますが、外資系企業で働くということは、海外で働くチャンスに出会える確率が格段に増えるということです。

また、社内での会話も英会話が中心となりますから、経済や社会情勢などの時事問題をネイテイブスピーカーと日常的に話しあうことができるので、海外へ出向した時にも苦労することがありません。

そういう中で、会話力だけではなく、外資系企業で働く人々の考え方になじんでいくことができ、ビジネスのセンスと能力に長け、グローバスな活躍をしている上司からさまざまなことを学ぶチャンスに恵まれます。

 自分を大事にできるが、ドライな人間関係に寂しくなることもある

日本の企業の中では、出る杭は打たれるという風潮が未だにあります。
仕事ができることは当然求められますが、自己主張することが望まれないからです。
企業の歯車となって、コツコツと成果を上げること、自分を押し殺してでも上司や同僚と波風立てずに付き合っていくことが基本的に求められます。

外資系企業の場合、上司や同僚と、尊敬の念をもって付き合うことは当然のことですが、必要以上に自己を押し殺す必要も無く、仕事上で意見を求められれば、上司に反発するような内容であっても、主張することが許されるという風潮の会社が多いのです。

また、日本の企業の場合、プライベートな時間に仕事上の付き合いを強要されることがありますが、そのようなこともほとんどありません。
特に欧米人はプライベートな時間を大切にしますので、仕事とプライベートをきっちりと分けています。

従って、有給が余っているのに休みが取れないというようなことも無く、仕事をする時は、きっちり仕事をする、休みはしっかり休むという生活のサイクルが出来上がります。

そういう風潮の中で仕事をすることによって、自分自身を見つめる機会も増え、自己の仕事に対する意欲や責任感も充実し、良い意味で自分の大事にすることができるようになりますが、職場での暖かい人間関係を望めない場合もあります。

 まとめ

日本企業にも外資系企業にもそれぞれ良い部分と良くない部分があります。
日本企業にも外資系企業にも様々な会社があります。

外資系企業に転職を計画する場合には、具体的な会社にターゲットを絞り、徹底的に情報収集して、自分が望んでいる仕事ができる会社であるかということを調べることが大切です。