ゴルフ初心者がまず集めるゴルフアイテムはコレ


img_hobby_golf_05

ゴルフは、機会がなければなかなか始めないことかもしれませんが、会社の上司などに急に誘われた場合にゴルフの経験がなければ何を準備すれば良いのかわからないですよね。絶対に必要なものや、あると便利なものなど、判断できずにすべて揃えてしまうと、金額的にもかさんでしまいます。

そこで、今回はゴルフ初心者がこれだけあれば大丈夫、というアイテムを紹介したいと思います。

ウッドとアイアン

そもそも、ゴルフクラブに種類があることをご存知でしょうか。より遠くに飛ばすためのウッド、そして狙ったところにボールを打つためのアイアンの2種類があります。もちろん、両方揃えられるならばその方が良いでしょう。しかし、初心者の方がアイアンを使うのはとても難しく、使いこなせません。本格的にゴルフを始めたいと思っているならば、変なクセをつけてしまわないためにもアイアンはおすすめできません。

パター

パターは名前は聞いた事のある人が多いとおもいます。これは、グリーン上でカップにいれるために使うものです。さらに、初心者はボールが散ってしまうことが多いので、グリーンの周りに出たボールを、グリーン上に収めるときにも利用することができるので、初心者の方も準備すると良いでしょう。

キャディーバッグ

ゴルフクラブを収納するためのものです。絶対に必要なものではありませんが、ゴルフクラブをそのまま持ち歩くのにはゴルフクラブ自体を傷めてしまったり寿命を縮めることにつながってしまうので準備することをお勧めします。百貨店などに入っているスポーツ用品店へ行けば、ゴルフクラブを購入すると同時に、それに合うキャディーバッグについても教えてもらえるはずです。

ゴルフウェア

プロゴルファーなどを見ていると、正装ともとれるような襟付きのきっちりした服装をしている人が多いので、決まりが多そうに思われがちですが、普段ゴルフを楽しむだけなら特別な決まりやルールはありません。しかし、初心者とはいえ、服装はきっちり整えた方が気分も上がり、やる気にもつながります。

そこで、用意すべきゴルフウェア一式は、まずトップス、そしてロングパンツ、さらにゴルフシューズでしょう。トップスは襟付きのものをおすすめします。さらに、ロングパンツが一般的ではありますが、初心者が利用するようなゴルフ場のコースであればハーフパンツでもOKなところが増えていると言われています。女性はスカートやスポーツ用のワンピースなどで楽しむ方も増えています。

ゴルフシューズは、スイング中に足が滑るのを防いでくれる、重要なものです。靴の裏には、滑り止めのスパイクがついています。普通の運動靴を履いていて、滑ってしまい、怪我をするくらいなら最初からゴルフ専用のシューズを準備しましょう。

まとめ

これらすべてを揃えると、安いものを選んでも総額10万円近くになります。ゴルフクラブだけでも数十万するものもあるので、選ぶときには自分で決めた予算と相談して決定しましょう。初心者の方はアイテム一つひとつの品質にこだわりすぎず安いものを選んでも十分に楽しむことができるとおもいます。ただし、ウェアやシューズなど、安全に楽しむためのものは削らず、しっかり準備をしておくことが大切です。