輸入車選びの参考に 国別特徴まとめ


car

輸入車には、かっこ良いイメージのある車が多いですが、国産車との具体的な違いを知っていますか。
国によってそれぞれ特徴があったり、違いがあったりするものです。
そこで、今回は、国産車と輸入車の違い、さらに輸入車の国別の特徴をまとめてみました。

国産車と輸入車の違い

国産車と輸入車の違いは、大きく分けて、メンテナンスの考え方、車の作り手の方向性、車の用途、使い方が違います。
日本の車のメーカーの傾向は、生産性が高く、より多くの人に支持されるよな車で、誰にでも馴染む車を作っている傾向が
強いのに対し、輸入車は、それぞれのメーカーの、独自の確固たるこだわりがあり、それぞれの方向性を持っています。
これは、作り手の考え方の違いによるものですが、結果車の大きな違いのひとつになっています。

さらに、日本車には車検制度があり、2年に1度の車検を行っている方がほとんどです。
ただ、車そのものの寿命がきたら、車自体を買い換えるという考え方をする方が多いです。
一方で外国では、ヨーロッパは特に、1台の車を長く乗るという考え方があるので、古くなったり、だめになった部品だけを
交換して長く乗り続けるという考え方が主流です。

結果として、決定的にどちらが良いというのはありませんが、車に対する考え方があっている方を選ぶのが良いでしょう。
とはいえ、日本車は日本を知り尽くした人たちが日本を走るために作っている車なので、
特別な趣向がなければ国産の日本車の方が乗りやすいと感じる人が多いのも事実です。

でも、車が趣味の方や、一歩踏み込んで車を知りたい方には、憧れなのが外車です。
そこで、国別に特徴を比較してみました。

日本車

まずは、日本の車の特徴です。日本は島国で、世界的に見て一つひとつの道の幅が狭いことが多いです。
そのため、日本車は横幅が比較的コンパクトに作られているものが多いです。
また、信号が多いため、ストップアンドゴーが頻繁です。

アメリカ車

アメリカは世界的に見ても道が広く、広々と自由にはしうことができるので、必然的に車も大きいサイズのものが多く、
排気量も多いです。信号があまりなく、一度走り出すとなかなか止まる必要がないので
大きな車でも持て余すことなく走ることができます。

ドイツ車

ドイツには有名な車のメーカーが多数あり、品質も世界最高級と言われています。ヨーロッパは国境を簡単にまたぐことができるので、
長距離移動に車を利用する人が多いです。
そのため、高速巡航が得意で、耐性の強い車が多い傾向にあります。

イタリア車、フランス車

ドイツ車同様、長距離移動に向いている車が多いですが、場所によっては、いまだに石畳の道路などがあり、
他の国では見ないような荒れた道路があるのも事実です。
荒れた路面でも走りやすいようい、バネの効いた、ショックを吸収する車が重宝されています。

 

基本的に、その国で作られた車は、その国の道路や人柄、作り手の考えに沿って作られているので、
それぞれの国にとって国産のものを利用するものだと考えられています。
しかし、人それぞれ、用途に合わせて、自分の好みに合わせて世界各国のさまざまな車の種類の中から選ぶことができるので、
ぜひ、興味のある方は外車にも挑戦してみてください。

Danaでした。