できる男はメンテもお得意!革靴のお手入れ方法とは?


144c8a0551f7309d2eb3f24e5ee9af7c_m

大地をしっかり踏みしめて世知辛い世の中を今日も一歩前進する為に、大人の男のハードな一日を支えてくれる足は、私たち全てにとってとても大切な体の一部なのではないでしょうか。そんな毎日の激務をこなす足にそれ相応の装備をしてあげたいと思うのは、何も行き過ぎた甘やかしではありません。

最高級の革靴という装備は、大人の男の自尊心を保つのに欠かせないアイテムです。しかしながら、ただ革靴を履くだけでは本当のできる男にはなれません。自分の持ち物に愛情を注ぎ、それを大切に扱ってこそ責任感ある大人の男となる事ができるでしょう。その様な訳で、今回は革靴のメンテナンス方、お手入れ方法をご紹介していきたいと思います。

気に入っている革靴だから長持ちさせたい

気に入って購入した革靴を長く愛用したい、という気持ちは誰にでもあるのではないでしょうか。もしもそうであるならば、正しい知識が必要になります。まず、大切にしたい運命の一足とも呼べる革靴に出会えたならば、是非ともまだ新しいうちからお手入れを開始しましょう。

たった一回履いただけで傷がついてしまったり、汚れてしまったりする場合がありますが、そんな悲劇を軽減する為にも、買ってまだピカピカしているうちからクリームを塗って革靴の表面に保護膜を作っておきましょう。クリームは艶出しの他にも、擦り傷などの細かい傷から靴を守ってくれるコーティングの役割があります。

また、お気に入りだからこそ毎日履きたい気持ちは分かりますが、敢えて休みの日を設けてあげるようにしましょう。ですから、最低2足を用意して上手くローテーションを組んで履きたいものです。

毎日のお手入れとスペシャルなケア

軽いワークスケジュールの日ならブラッシングだけのケアで十分な革靴ですが、一日中外で一生懸命働いた後は、人間だけでなく革靴もくたくたに疲れています。日中体内から出た水分を吸収する革靴は、一日の終わりにきちんとケアをしてあげましょう。

<基本のケア>

① まずはシューキーパーを靴内に入れ、汚れや埃を取り除くためにブラッシングをしましょう。
② クリーナーを靴全体に薄くのばしましょう。その時にクリーナーを直接靴に塗り付けない様に気をつけましょう。シミの原因になってしまいます。
③ クリーナーを拭き取り、汚れをオフします。
④ 革靴と同系色のシュークリームを全体に薄くのばします。
⑤ 光沢が出る様に磨いていきます。
⑥ シューポリッシュを少量取って更に磨き上げます。
⑦ 撥水スプレーを吹きつけます。
⑧ シューキーパーの代わりに、靴内の水分を吸収するシューツリーを入れて完了です。

<雨に濡れた日のケア>

① シューキーパーを靴に入れて、風通しの良い日陰で靴を乾かします。
② 十分に乾いたら、抗菌クリーナーを薄くのばして汚れをオフします。
③ シュークリームを薄くのばし、光沢が出るまで磨きます。
④ 撥水スプレーを吹き付けて完了です。

慣れてしまえば思った以上には面倒臭くない革靴のお手入れ方法ですが、どんなに大事な靴だからと言っても毎日必ずこの手順通りに行う必要はありません。そうでなければ、逆に革靴を傷めてしまう結果になりかねないからです。
ですから、革靴の使用具合や状態を観察しながらその日その日に最適なお手入れをする様に心掛けましょう。あまり汚れが目立たない日には、ブラッシングをつま先の方から後ろ向きに軽く行って、汚れや埃を取り除くだけで良いかも知れません。

また、革製品ですから乾燥剤を用いるなどして、湿気には気をつけてあげたいものです。しばらく履かない日には、一通り基本のケアをして黴の原因を取り除いてからしまう様にし、時には風に当ててあげるならきっと長持ちするに違いありません。

以上、ファッションアドバイザーSAKURAでした。