女心をつかむ 男の大胆料理レシピ


67eb110dc49a0603b01356b786b60f3e_m

こんにちは、Danaです。
春の出会いの季節には、女心をつかみたい!と思っている男性も多いのではないでしょうか。
家に招いてパーティーをするということもあると思います。
でも、男性で料理が得意な人が少ないですよね。そこで、女心をつかめる、男性におすすめしたい大胆料理レシピを2つご紹介します。

お好み焼き

お好み焼きならみんなでシェアして食べることができるので、距離もグンと近くなりますよね。簡単に作れる、味の絶対失敗しないお好み焼きレシピをご紹介します。

材料  (4人分)
キャベツ 1個
エビ(冷凍でも可)  200g
豚薄切り肉(冷凍でも可) 200g
山芋 500g

卵 4個
小麦粉 160g

1 キャベツをざっくりと切り、エビは皮が付いているものであれば皮を取り、背ワタを取り除きます。冷凍のものを利用する場合は、お好み焼きを作る数時間前に冷凍庫から出し、解凍するようにします。
2 山芋をすり下ろし、卵と小麦粉、水、だしの素(あれば)を一気に混ぜ合わせます。その上に1のキャベツとエビも加え、生地の完成です。
3 ホットプレート(200度)に生地を丸くなるようにのせ、その上に豚肉をのせます。
4 そのままで5、6分待ち、裏側にこげ色がついてきたところでひっくり返します。
5 豚肉に火が通っていること、またお好み焼き全体に火が通っていることを確認し、ソースをかけて出来上がりです。

ポイントは、山芋です。山芋は入れていなくてもお好み焼きはできますが、そこにこだわることで女心をつかんでください!また、お好み焼きは一緒に焼きながら食べる事ができるので、コミュケーションのきっかけになり、おすすめです。
材料だけ用意しておけば、焼く直前にキャベツを切って具材を混ぜ合わせれば短時間で作ることができます。

カルボナーラ

女子が大好きな”パスタ”を1品でもマスターしておくと、女子からの印象も格段に変わってきます。
簡単にできるカルボナーラからはじめてみましょう。

材料(4人分)
パスタ 400g
ニンニク 4片
ベーコン 5、6枚
生クリーム 200cc
牛乳(豆乳)200cc
卵黄 4個分

1 パスタを茹でるお湯を沸かし、その間にソースなど具材の準備をします。ベーコンは1センチ程度に切ります。
2 生クリーム、牛乳、卵黄、黒胡椒(あれば)、パルメザンチーズ(あれば)をよく混ぜます。
3 お湯が沸いたら、お湯の約1%の塩を入れてパスタを茹でます。この時、少し固めになるように茹でてください。
4 フライパンで具材を炒めます。まずはニンニクを炒め、香りがしてきたらベーコンを入れます。
5 パスタが茹で上がったら水を切ってフライパンに入れ、その上に2で混ぜ合わせた具材も一緒に入れます。
6 パスタが伸びてしまわないうちに手早く生クリームとからめ完成です。味見をして少し味が薄いと感じたら上から塩を足しましょう。

パスタが伸びてふにゃっとしてしまうと台無しなので、固めを意識してください。茹でる時間は、それぞれ市販のパスタの包装に書いてあるのでそれを参考に、固めに茹でるため表記から30秒~60秒早めで設定してください。

フライパンで具材と混ぜ合わしている間もパスタに熱が入り伸びてしまうので、手早くすることも重要ですが、全体に生クリームが行き渡るようにしっかりと混ぜましょう。
お好みで生クリームと牛乳の割合を変えてみてください。こってりとろっとさせたい場合は生クリーム100%で作っても美味しいです。逆にヘルシーに作りたい場合は牛乳を豆乳に変え、生クリーム:豆乳=1:3ぐらいの割合で調節すると良いでしょう。

パスタさえうまく茹でることができれば、おいしいカルボナーラが簡単につくれます。
生クリームが家にない場合、牛乳100%でも作ることができますが、ソースがサラサラしてパスタと絡みにくくなるので十分注意してください。

女心をしっかりつかむ

いかがですか。女心をしっかりつかむためにも、自信がない場合は一度ひとりで試しに作ってみるのも良いでしょう。レシピ自体は難しくないので1度つくればかなり美味しく作れるようになるはずです。
男性が女性へ料理をふるまって、しっかり女心をつかんでください。