仕事にも恋愛にも活かせる?!心理学おすすめ本はこれ


8d11c83bf0a65a1e1fa7dbc7200e1d2a_m

こんにちはDanaです。

人と話すのが苦手、人の視線が気になる・・・という方もたくさんいらっしゃると思います。
そこで、少しでも心理学のテクニックを知っていたら心が落ち着く場合もあるかもしれませんね。

今回は、初心者の方でも読みやすい、心理学のおすすめの本をご紹介します。

メンタリストDaiGoの本はやっぱり効果がある

『誰とでも心を通わせることができる7つの法則』
DaiGoさん著書の本です。

メンタリズムも重要な心理学のひとつと言えます。

そこで、1秒で相手の感情がわかる、など知っておいて損のない情報がつまった1冊になっています。

また、コミュニュケーションを取ることが苦手な人でも簡単に実践することができるような内容が詰まっているので、
ぜひ、一度手に取ってみてください。

はじめて心理学の本を読む、という方も、気兼ねなく読むことができ、また実際に直面するシチュエーションがとても多いので
納得しながら読むことができる1冊になっています。

1つの法則ごとに分かれていてわかりやすく説明されているので、そもそも文章を読むのが苦手だという方も、
時間をかけずに読める、貴重な1冊です。

DaiGoさんは、他にも『ちょっとした行動で未来を変える52のヒント』という本や、『人を操る禁断の文章術』といった本も出版しています。
DaiGoさんの手にかかれば、コミュニュケーションだけでなく、恋愛やダイエットまで、すべてメンタリズムで成功へと導いてしまうというのです。

本を読んでみるまでは、疑うしかありませんが、実際に読んでみると、本当に身近なシチュエーションが多数あり、
普段何気なくやり過ごしていた場面でのテクニックなどが公開されているので、読んでみて損はありません。

他にも、プレゼンテーションのやり方や、話し方のポイントなどをまとめた本や、『心理戦略』といった、より心理学に近づいた本など多数出版されているので、気になったものからぜひチェックしてみてください。

嫌われる勇気

昨年、大人気で話題となった1冊、『嫌われる勇気』も実は心理学の本といえます。
岸見一郎さん、古賀史健さんの共著でアドラー心理学といわれる、心理学のパイオニア的存在だったアルフレッド・アドラーの教えに従ったものです。

人間がもっとも悩まされると言われている対人の問題を解決するために、嫌われる勇気を持つべきだという考え方をするもので、対人関係に悩まない生き方をするためにはどうすれば良いか、そんな糸口が見つかる1冊になっています。

共著のお二人も、心理学者であり、心理学の研究を続けている方で、これまでのアルフレッド・アドラーの考えをより明晰に、わかりやすく書き換えたものがこの『嫌われる勇気』ということになります。

本は、予想以上に字が細かく、ある程度分厚さもある本なので、普段から活字に慣れていない方は読むのに時間がかかってしまうかもしれませんが、一度読んでみるとこれまでの自身の考え方を改めることができる貴重な1冊になっています。
まだ、読んでいない方はぜひ、手にとってみてください。

心理学とひとくちにいっても、様々な種類がありますが、私たちの生活に寄り添った本から読んでみると、より共感しやすく、またより実践しやすいので、ぜひ参考にしてみてください。