パステルカラーをクールに着こなすメンズファッション講座


fashion_pastel_14

出典 http://www.magaseek.com/product/detail/id_001067171

春らしさを感じさせるのはやはりパステルカラーでしょう。特に今期は、スポーツがトレンドになっているものの一歩間違えると「ただのオヤジファッション」にもなりがちです。スポーツ度が高くても低くても、こなれ感がなくなってしまうので適度にヌケを作りながらコンサバをミックスしていきます。

その為には、タイトなシルエットとパステルカラーを上手く融合させたスタイリングがキモ。クールでエレガントに、パステルカラーファッションを楽しみましょう。

ジャケパンスタイルをランクアップ

平日のカジュアルスタイルに、ブルゾンのようなスポーツスタイルをやってしまうと「若者を意識したやり過ぎスタイル」になってしまいます。ブルゾンを使った大人のスタイルもあるわけですが、パステルカラーを使うのであれば正攻法のジャケットにパンツといきましょう。特に今シーズン注目のデニムを使ったジャケットはパステルカラーとの相性も抜群です。

ジャケットスタイルが上手い人と言えば「石田純一さん」でしょう。コンサバ、ハマトラスタイルに掛けては学ぶ事が多いお洒落な男性です。ご本人の雰囲気もそうですが、あのこなれ感はお手本にしたいもの。

爽やかで、大人の雰囲気をつねに持っている男性にはジャケットは欠かせません。ジャケットがデニムやネイビージャケットである場合には、全体のトーンを同じにすると季節感が全く見えなくなります。そこでトレンドのデニムジャケットのボトムには、パステルカラーのパンツをプラスします。インにはボーダーのカットソーを合わせてマリンなスタイルに。足元はスポーティなスニーカーかスリップオンを合わせます。レザーのスリップオンは上品な仕上がりになるので、パンツに合わせてカラーもセレクトしてください。

スプリングコートとパステルカラー

ジャケットを脱いでスプリングコートでお洒落を楽しむ時に、トップスとボトムスにパステルカラーを加えます。パステルカラーを引き立てるには、ベージュがネイビー系のコートがベストバランス。特にブルー系のパステルカラーは、クールで大人のカジュアルにマッチします。コートのインは、クリアパステルを上手く使いチェックのパステルカラーシャツに同色のパンツやホワイトパンツを合わせるとクール。

グレーを使った上級編

渋さのあるグレーは春も身に付ける機会が多くなります。パステルカラーとの相性も良いので、これは上手く使って演出してみましょう。男性の場合、アウターにパステルカラーを取り入れるならシャツなので、パンツにパステルカラーを持ってきます。

イエローがかったベージュ系のパンツなら嫌みもなく自然にファッションに取り入れられます。トップスのジャケットやカットソーをグレーにするとバランスも良くトレンド感も高くなります。海外のセレブのスタイリングに良く見られますが、グレーを黒にチェンジすると更にクール。インナーは真っ白なシャツにするとハリウッドスター気分にも浸れます。

トレンドのデニムを使ったパステルカラーコーデ

今季はスポーツとデニムに注目が集まっています。コレクションでもデニムオンデニムスタイルが多くみられる事から、ブルー&ホワイトのバランスがドレススタイルにも広がりを見せています。ブルーのグラデーションは、モダンな着こなしの1つなのでデニムにパステルカラーを合わせてクールなスタイリングを作りましょう。

こだわりのセルビッチデニムは、洗いの控え目なものを選び、ライトパステルのブルーシャツでグラデーションを作ります。引き締めにニットタイもブルー。休日のスタイルも、リラックス&クールで決めてみませんか。

まとめ

今年も白は変わらずトレンド感があるので、パステルカラーの着こなしにプラスすれば男性でもクールな着こなしが出来ます。分量的には足元かパステルに組み合わせていくとシャープになるので、シャツで取り入れるのがお勧めです。思いきってパンツはパステルカラーを使いジャケットやコートのアウターで引き締める。そんなパステルカラーのスタイリングが大人には似合うのではないでしょうか。

ファッションアドバイザーSAKURAでした。