意外と簡単!赤ワインでおしゃれ料理のアイデア


2570f40db898719809926e63eae9de48_m

プレゼンテーターDanaです。

ワインは、一度開けたらその日のうちに飲まなければならないといわれていますよね。でも、飲みきれなかった・・・という場合もたくさんあると思います。
そんなとき、ぜひ赤ワインを料理に利用してみてはいかがでしょうか。
赤ワインの正しい保存方法と、料理のアイデアをご紹介します。

正しく保存することから始めよう

ワインを上手に保存するために、注意したい6つのポイントがあります。温度、光、湿度、振動、匂い、空気です。

まず、温度は比較的涼しく、1日を通してあまり温度差のないところ、13~15度の場所が適切です。温度が高いとワインが変質してしまう原因になります。また、光をあてるとワインが変質する原因になるので、必ず影のある場所、暗所に保存するようにしてください。

湿度は、75%程度のところで保存するのが最適で、意外と高め。でもこれ以上に大幅に湿度が高くなってしまうとラベルやコルク(蓋)にカビが生えるかもしれませんので、注意してください。エアコンなどでコルクが乾燥することにも注意して、乾燥が気になる場合は、コルクの上からアルミホイルをかぶせて保湿しましょう。

必要以上の振動は変質の原因になります。コルクの保湿のためにも寝かせて振動のない場所で保存してください。
さらに、コルク栓は匂いを通すものが多いので強烈な匂いのものを近くに置いてしまうと、ワインに匂いが混ざってしまうこともありますので、注意してください。

開封後は、赤ワインは白ワインより日持ちがしないので、正しく保存していても、1週間以内には使い切るようにしましょう。

赤ワインを料理に利用する

開封から数日経ってしまった赤ワインでも、料理などに入れるとコクが出て美味しいです。また、火を通すことでアルコールが飛ぶので、お酒に弱い人でも特別には問題ありません。

おすすめは、カレーやハヤシライスにいれること。作り置いていたものでも、温め直すときに赤ワインを入れるとまた少し違った風味を楽しむことができます。

また、赤ワインに含まれているタンニンは、肉の臭みなどを消す作用があります。牛肉ステーキなどを料理する際には、下ごしらえとしてワインと酢、玉ねぎと一緒に浸け置きしておくと、かなり柔らかくなります。

また、焼くことで赤ワインや酢は緩和されてまろやかになるので、食べた時に気になることはありません。

赤ワインをスイーツに利用する

赤ワインは、スイーツに利用しても風味高くおいしくなります。
赤ワインが普通に飲めるという方は、赤ワインを熱し、少し砂糖とゼラチンを入れてゼリーにしたり、寒天をいれて赤ワインの寒天を作るのもおすすめです。

他にも、赤ワインの中にフルーツを浸け置きしておけば、フルーツに赤ワインの味や風味が染み込んで、贅沢なフルーツポンチもできます。
これらはあまり手間がかからないことなので、時間がないときでも簡単に赤ワインを利用することができます。

他にも、ケーキに練りこんだ赤ワインのケーキや、チョコレートを溶かしたところに赤ワインをいれて洋酒の生チョコを作ったり、チョコレートフォンデュなどで赤ワインをいれて楽しむと、大人の味になります。

まとめ

赤ワインは沸騰するとアルコール分が飛んで、風味が残ります。赤ワインは飲めない、という方も料理などに風味付けとしていれて楽しむのがおすすめです。
料理する際には、風味が飛んでいかないように鍋蓋などをしておくと、より風味が食材に染み込みます。

また、赤ワインはスイーツなどにいれても美味しく、大人な味わいを楽しむことができます。
ぜひいろんな料理にいれて挑戦してみてください。