女性が結婚相手に求める理想の年収とは


img_job_income_03

恋愛結婚をする人にはあまり関係のない話ですが、ここ数年の傾向として結婚相手は婚活で一定の条件を基に、ある程度ふるいにかけてから恋愛を始める女性が増えています。

その条件の中の一つが男性の年収です。

始めから最後まで恋愛だったら年収は結婚の条件にならない

恋愛の始まりは、年収には関係ありません。

恋愛の数と同じだけ、異なったシチュエーションがあるわけですが、とにかくお互いに好意を持ち、ケンカをしたり、仲直りしたりしながら愛を育み、結婚にたどり着く結婚であれば、年収が条件になることはありません。

お互いの性格や将来の夢を認め合ったうえで、お互いの家族の状況と将来の家族の生活設計を考えあわせ、現在の収入の中でできる範囲の新しい生活を始めるからです。

婚活で結婚することを選ぶ女性は、あらかじめ最低ラインをクリアした男性との結婚を望んでいます。

性格や、外見上の良さだけで相手に夢中になってしまい、自分の理想とする生活を手に入れられないことを恐れているからです。

そして、女性によって自分の理想とする生活というものは、違いがあります。

高級住宅街の一戸建てに住み、子供たちには十分な教育費をかけたい、自分自身も常に身綺麗にし、友人や親族との付き合いで引け目を感じないようにしたいというような理想を持っている人であれば、年収1000万円以上の男性であることが結婚相手に望む条件の一つになるでしょう。

反対に、家事や子育てを分担してもらい、お互いに励まし合って仕事上で成果を上げ、将来的にずっと自分も仕事を続けいくことを理想としている女性であれば、自分の仕事に対して理解のあることが結婚の条件になりますから、年収にはこだわりません。

ただ、どちらの場合も、その最低条件に当てはまる人の中から恋愛を始めたいと考えているのです。

結婚相手に何を求めるのかを考えて相手を探すことが大切

自然発生的な出会い以外の方法で結婚相手を見つけようとしている場合、女性側も男性に対して年収や考え方に対して望んでいることがありますが、男性側もどのような結婚生活を望むのかということを考えておくことが大切です。

家事を完ぺきにこなし、常に身綺麗にしていて、仕事関係の付き合いの席に連れて行っても自慢できるような上品で賢い話術があり、なおかつ容姿の美しさ、立振る舞いを身に付けていること、子供の教育をしっかりしてくれることというような女性を望むのであれば、年収1000万円は必要でしょう。

女性の仕事を応援したい、子育ても家事もお互いに助け合ってやって行きたいと考えているのであれば、400万円から600万円の年収があれば、気の合う女性を結婚相手として見つけることができるでしょう。

まとめ

女性が男性に対して多額の年収を求めているような風潮がテレビや雑誌で多く見られますが、現実にはそれほど多額の年収を結婚の条件にしている女性ばかりが婚活をしているわけではありません。

結婚の条件に最も大切なことは、どのような生活をしていきたいかという将来に対するビジョンが一致していることです。

そして、もちろんその根底にはお互いに対する愛情と尊敬がなくてはなりません。

現在、ベンチャー企業で成功して多額の収入を得ていたとしても、それが生涯続く保証はありません。

親代々からの資産家であるならば、家柄の釣合ということもあるでしょう。

年収の高さだけを求めるような女性と結婚した場合には、年収が減少した場合には、結婚生活が成り立たたなくなる恐れもありますし、家柄が釣り合わないということもあります。

それよりも、結婚生活に対する理想が一致していることや、お互いの考え方を尊重し合えること、愛情のある付き合いを続けられるということが大切です。