こだわりの薫製料理でおもてなし 簡単レシピをご紹介 



kunsei2

出典 http://r.gnavi.co.jp/kbw4700/kodawari/

プレゼンテーターDanaです。料理にハマる男性は結構いると聞きますが、ホームパーティーなどをする際、お家で薫製料理が作れると嬉しいですよね。

一見難しそうに感じますが、意外と簡単に、家庭的に作ることができる薫製もあります。
そこで今回は、家庭で簡単に作れる薫製料理をご紹介します。

薫製とは・・・?

そもそも、薫製とは何を指すかご存知ですか。スーパーなどで見かける食品でなんとなくわかった気になってしまいがちですが、改めてここでおさらいしましょう。

薫製とは、食材を燻煙することで、保存性を高め、スモークの独特の匂いを楽しむものです。薫製にすると水分が飛び、保存性が高くなるため、昔は保存食としての意味合いが強かったようです。

燻煙とは、香りの良い木材を高熱に熱した時に出る煙のことで、そのときに香る独特の匂いで食材を風味付けする食品加工技法のことをいいます。木材は完全燃焼させるとあまり煙が出ず、食材に風味がつきにくくなるので、不完全燃焼の状態で食品に風味をつけます。

簡単スモークチーズ

スモークチーズの作り方をご紹介しましょう。

材料

雪印6Pチーズ
サクラの木材チップ(薫製に使います)
土鍋

作り方

1 土鍋にアルミホイルを敷き、その上にサクラの木材チップを敷きます。
2 網の上に6Pチーズを、包装を向いた状態で乗せます。
3 サクラのチップを燻り始めます。土鍋の蓋を閉めて、穴からもくもくと煙が出てくるまで中火から強火で燻りましょう。目安は8~10分です。
4十分煙が出ていることを確認すると、火を消します。
5 準備していた、網の上に乗せたチーズを土鍋の上に重ね、その上から土鍋の蓋をします
6 煙がなるべく外ににげないように、土鍋の全体をアルミホイルで覆います
7 30~40分程度そのままの状態で放置したら完成です。

木材チップさえあれば家でも簡単につくることができます。チーズは様々な種類でできるので、挑戦してみてください。

薫製にして煙をもくもくとさせるものなので、土鍋は普段鍋料理などに利用しているものではなく、別のものを準備するようにしましょう。100円均一などでもお店によっては土鍋を取り扱っているので、それで問題ありません。

また、カセットコンロがあれば、それを利用してベランダに放置すれば家の中に薫製の匂いが残ることもなく心配ありません。ただ、もしカセットコンロがない場合はキッチンのコンロで代用することができますが、煙が出るもので、匂いもしてくるので、換気扇を回すことを絶対に忘れないようにしましょう。

また、火を利用していないタイミングで窓を開けるなど、空気の入れ替えも必要です。

他の具材でも薫製を

上のレシピと同じ要領で、ハムやベーコン、ウィンナーなどで薫製をつくることができます。ゆで卵やイカもおすすめです。
木材チップの量や薫製の時間などは自宅で挑戦してみて回を重ねるごとに調整するのが良いでしょう。

土鍋の大きさや、薫製をする場所によって、時間や薫製の度合いが変わってくるので一度ためしにやってみてください。
途中確認してみて薫製が足りないとおもった場合は継続して土鍋のなかに閉じ込めておくとさらに色も深まり、匂いも付きやすくなります。

家庭で簡単に薫製を

匂いや火元の安全が気になるところですがそれさえ注意を払えば、スーパーなどでわざわざ購入しなくても家で簡単に、また安価で薫製の料理をつくることができます。
普段の料理のアクセントや、お酒のおつまみなど、薫製の利用方法は様々ですね。
ホームパーティーなどで薫製料理が振る舞える とカッコ良いです。

ぜひ、一度試してみてお店などに売っていない薫製料理を編み出してみてください!