男の憧れスポーツカー 人気ランキング 



82b58a2d432ffad32e716c6c02debb51_m

こんにちは、Danaです。スポーツカーをみるとワクワクするという男性も多いのではないでしょうか。スポーツカーには、憧れや夢が詰まっていますよね。
そこで、今回は国産スポーツカーと会社スポーツカーに分けてランキングをご紹介します。

国産スポーツカー ランキング

1 トヨタ86

トヨタは日本を代表する車のメーカーですね。総排気量は1998ccです。
スポーツカーに詳しくない方も、ぜひ、車の見た目に注目してみてください!スポーツカーらしい、シルバーの装飾があり、トヨタの中で最小の小径ステアリングを採用しており、滑り止めもしっかりと施されているなど高度なテクニックが駆使されています。フロントシートの着座の位置は他のものより低めに設定されています。また、角を曲がるコーナリングの再に膝を支えてくれるニーパッドが搭載されているのも魅力のひとつです。

2 ホンダCR-Z

2010年に登場した車種で、総排気量は1496ccです。最新のスポーツカーにしか採用されていないハイブリッドカーです。ハイブリッドではありますが、スポーティーな走りを楽しめるということで人気の車種になっています。

低燃費で環境にも優しく、楽しく走れるのは良いことですよね。
見た目は先進的なデザインですが、メーター部や速度計はアナログの回転系も採用しているなど、昔ながらの伝統も受け継いだ車になっています。

また、様々な場面で走れるように、モードチェンジがしやすくなっていたりと工夫がされています。
そして、ハイブリッド車らしいのは、メーター内にECOスコアが表示されることです。燃費向上のアドバイスなども確認することができ、スポーツカーを環境に優しく楽しめるのが魅力的です。

3 スバルBRZ

2012年に登場した車種で、総排気量は1998ccです。小型で軽量、低重心をコンセプトに作られたスポーツカーです。スバルとトヨタの共同開発で、トヨタ86ととても似ています。
スポーツカーでありながら、普段も利用できるような、初心者の方や、本格的なスポーツカーではなくても、両方の場面で利用できる車が欲しい方にはおすすめの一台になっています。

トヨタ86と異なる見た目は、スバルはフロントフェンダーガーニッシュが流れのあるデザインを採用しています。また、スポーツモードに切り替えることで、スポーティーな走りを体感することができるはずです。

外車スポーツカー ランキング

1 ゴルフGTI

有名なドイツの車のメーカー、フォルクスワーゲンのスポーツカーで、総排気量は1984ccです。1975年に登場した車種で、歴史があります。最新のものは2009年に一新されてから生産され続けています。
また、スポーツカーに重要な、コーナリングの性能は世界一と言われているほど、クオリティが高く、抜群です。
見た目は他のゴルフ車と大きな差はありませんが、。ステアリングがD字型になっているのでスポーティな印象があります。
本格的なスポーツカーに挑戦したいかたにはおすすめの一台になっています。

2 ポルシェ911

ポルシェ911の初代は1964年に登場しており、外車の中でも特に歴史のある車のひとつです。世界でも珍しい、RR方式を採用した車になっています。総排気量は3799ccです。
見た目もポルシェらしい、趣があります。
スポーツカー好きの一番のあこがれといっても良いのがこの、ポルシェ911です。

3 ポルシェ・ボクスター

1996年に登場した車種で、総排気量は3436ccです。ゴルフGTIに並んで、コーナリング性能には定評があります。また、時速120キロ出せるなど、速度にも幅広く対応しています。
風を切って走った感覚が味わえる、スポーティな車です。

 

スポーツカーは男の憧れですよね。一度は乗ってみたい車も多数あったのではないでしょうか。
ぜひ、一度挑戦してみてください。