試してみよう!春のストール使い方テク


stole

出典 http://kurumani.com/?cat=50

女性のファッションアイテムとして始まり、メンズファッションでも定番に定着したストール。素材やサイズも様々で、巻き方も色々とありますがメンズストールにあれこれ必要はありません。サイズと素材さえ抑えれば、後は柄と巻き方でどの様にも変身出来るのです。

海外セレブに習うストールの使い方

ベッカムを始め、ブラピ等お洒落なセレブのファッションにはストールは欠かせません。普段のスタイルを見ても襟元にはストールが必ずあります。どんなストールを使っているのかをよく見れば、シンプルで上質なものが多く且つ大判である事が解ります。そして素材は薄くトロみのあるものを愛用しているのもポイント。巻き方で変化をつけられる、マイストールがファッショニスタに愛されているのです。

デキる男はスマート&クリーン

最近のファッション自体が軽快になっている事から、生地の暑いものは寒くとも着こなしをヘビーにします。顔が大きく見えるバランスが悪い事も、薄手のストールを選ぶべき。複雑な巻き方よりも、男らしくスマートにシンプルに合わせるのが本来のストール使い。大判で薄手のストールならシンプル使いもお手のもので、自分のスタイルをランクアップしてくれます。

男もニュアンスを大切にする

最近のメンズファッションで大きく変化したのは、派手な柄よりシンプルに移行している事です。トレンチやチェスターコートをはじめとして、ネイビーやベージュを軸にしたアウターがメインになります。フラットなスタイルが多くなれば、ストールでのニュアンス使いはねじりを入れたり巻き上げて変化を付けるのがこなれ感も高くなるわけです。盛るようなアフガン巻きやピッティはこれからのスタイルには不要。シンプルにヌケを作る為にストール使うなら薄くて、ジャケットにイン出来るものを選びましょう。

今時の柄を選ぼう

春夏は花柄のような軽いものが多くなりますが、オンオフを上手く切り替えるなら両面使いのストールを!ビジネススタイルにはシルクを、デイリーならシルクカシミヤもありです。オンオフが切り替えて使いたいものですが、柄物は飽きそうならリバーシブルのストールが一枚あれば事足りるでしょ
う。

季節感を出すストール

秋冬はスモーキーカラーでしたが、春になれば明るいカラーを選ぶべき。カジュアルに決めるなら、大柄も捨てがたいですがパステルカラーのストールは是非とも手に入れたいですね。クリーム、サックス、ベージュのどれかがあれば着回しもガッツリ。柄物を選ぶなら上品なチェックが一枚あれば春のスタイルを楽しめるでしょう。特に今季はサックスに注目したい。スポーツ・デニム中心になる春には、ナチュラルなサックスとベージュをセレクトしましょう。

キレイに決める巻き方

春は首もとに余裕を持たせてニュアンスを加えます。メンズストールは、長いものが多いのですが最近はミドル丈も増えているので身長に合わせて長さを調整します。ジャケットに合わせる場合には、片方が収まるように長さをキチンと調整。ダラリとジャケットから出ないスタイルがエレガントてす。軽くネジりを入れておさめるとアナタもセレブのような着こなしが出来るでしょう。

ワンループもねじりテク

二つ折りにして、差し込むだけの定番スタイルですが、折った後に軽くネジりを入れるとボリューム感が襟元に出ます。この巻き方はセレブもやっているので真似をしたいですね。無地ストールもこれなら、お洒落に見せられます。

アフガンにしない巻きテク

春はアフガン巻きのように重い巻き方はNG。ジャケット、セータースタイルなどカジュアルスタイルを格上げする為にコンパクトでヌケのある巻き方をマスターしましょう。ストールは、片方を胸の高さにして首にゆるみを残して巻き付けます。先端が同じ長さになったら軽く結んで後ろに回してください。差し込むよりニュアンスが出やすくお洒落です。

まとめ

素材と大きさに巻き方をマスターすれば、シンプルなファッションもとたんにセクシーにもエレガントにもなります。素材の良いものを、最低3本は用意したいもの。無地・リバーシブル・柄物があれば、どんなスタイルも完成度が高くなるのは間違いありません。

ファッションアドバイザーSAKURAでした。