世代が違うとは言わせない!若い女性と楽しむトーク術


69cb5e560bde606141ec6ccdc05ed386_m

皆様、こんばんは Mikeです。

今回は世代が違う女性との会話「ジェネレーションギャップ」を埋めるためのトーク術に関して綴ってみたいと思います。

ジェネレーションギャップ

そもそも「ジェネレーションギャップ」が生まれてしまうのは、
仕方のないことです。

したがって、ギャップの生まれた話題に固執しないことが楽しんで話すコツです。

私は若い子と頻繁にピアノ生演奏のBARへと行くのですが、そこでは黒人シンガーさんがR&Bの名曲を弾き語ってくれます。私としては誰もが知っているne-yoやUsherなどのPOPに近い曲です。

 

Mike「この曲聞くと冬って感じだよね??」
女の子「全然興味無い~」
Mike「。。。(^^)そうなんだね、ちなみにどんな曲とか聞くの?」

 

この様に全くもって相手が興味を示さない場合も、
相手に語らせるきっかけへとシフトするのがベターです。

基本的に男女問わず自分の好きなコトに関して、話して気分が悪い人はいません。「へー!」「すごいね!」「詳しいな」「いつか一緒に行こう」と適当に相槌をうっておくと、とりあえず正解です。

楽しむ方法

趣味や音楽、映画などの娯楽関係でギャップが生まれる際は、とりあえず上記のように会話を流すとして、流すのではなく会話を主体的に楽しむ方法を記載します。

世代が違っても付き合ってきた男性の年齢が自分より上というパターンは多いに考えられます。

これを話題の中心とすることで、その子の性格、恋愛パターンが読み解ける上に、自分もいけるぞ!という自信が湧き出て、さらには、話しを聞いてあげることで勝手に相手からの評価も上がってきます。
まさに一石三鳥です。

所要時間2時間のアポイントであれば、開始30分まで、どうでも良い(笑)冒頭のような話しを行い、その後、この話題にシフトする時間配分がオススメです。

会話例

Mike「もう俺も◯◯歳なんだよねー。◯◯ちゃんは年上とかどう?」
女の子「あたし年上としか付き合ったことないですよーw」
Mike「へーまじで?MAXどれ位年上?80歳?凄いな!!」
女の子「www いやいや◯◯歳ですよー」
Mike「最近の子は結構年上と付き合うんだね。周りも多い?」
女の子「そうですねーw結構多いですよw」
Mike「まあ、年上だとアドバイスもしてくれるしお金もあるしデメリットといえば、、、あれ?見当たらないわwww」
女の子「デメリット、、、そうですねー。前の彼氏はーーーー」

 

といった感じでしょうか。
元カレさんと別れた理由等で寂しがり屋さんなのか、甘えベタなのか、その子の本質が読み解けます。

会話が発展しなさそうなギャップ話題は避けるのがベターです。もし仮にその話題が発生した場合も相手にボールを渡して受け流すのが効果的です。

自分にメリットの生まれるギャップトークを積極的に楽しむことが、
楽しみながら相手に惚れさせる最短ルートとなります。

会話のボールを相手に渡しつつ、ゲーム全体は自分が支配する。
そんな意識を持って若い子に接すると面白いですよ。

それでは皆様。また。