一挙両得以上!?ナイトウォーキングのおすすめ


48065d90fd16fe006bad2082a625712a_m

近の健康ブームの影響で、いろいろな時間や場所で体を動かしている人を見かけるようになりました。

少し前までは現役を退かれた高齢者の方が多かったのですが、今では若い人も色々な場所で体を動かしている姿を見かけます。

健康を目的として運動をされるのであれば、やはり大事なのは有酸素運動です

有酸素運動として代表的なのはランニング、水泳、ウォーキングなどがありますが、ランニングや水泳と比べ、ウォーキングは準備がそれほど必要ではなく、体にかかる負担も小さいことから、気軽に始められる運動ということでどなたにもオススメと言えます。

また、ウォーキングのもう一つのメリットとして、運動としてそこまでキツくないため、周りの景色などを見て楽しむ余裕が生まれやすいというメリットもあります

そんなメリットを利用したウォーキングの楽しみ方として、ナイトウォーキングがあります。ここではそんなナイトウォーキングについて楽しみ方と運動としてのメリットについて述べていきたいと思います。

ナイトウォーキングのメリットについて①健康面

そもそも夜ウォーキングをするということは健康上のメリットからして大きいと言えます。

気温が高くないので長距離を歩くことができる

季節に関係なく、太陽が出ていないので気温が上がらず、運動するには昼間よりも夜の方が理想的です。

冬は寒くなりますが、運動すれば体が温まってきますので多少寒い程度であれば夜の方が良いと思います

時間がとりやすい

日中や朝は忙しいですし、そもそも仕事があって継続的に歩くことができません。
健康維持のためには継続が大事ですから、続けられるような時間帯でウォーキングを継続することが大切です。

その点夜は比較的時間が作りやすくウォーキングを継続させるのに理想的と言えるでしょう

食事や睡眠との時間間隔がとりやすい

ウォーキングのような有酸素運動は食事との時間の間隔が重要です。
当然ながら食事直後の時間帯やお腹がペコペコの状態での運動は良くありません。

理想的には夕食後であれば1時間から2時間後、夕食前であれば軽くおにぎりなどを食べた後に行うようにすると良いと言われています

また、歩いた直後は交感神経が活発になっているためにすぐには眠れません。
眠る時間に近い時間に歩くとなかなか寝付けず睡眠不足になってしまいますので、就寝時間にかからないようにすることも大切です

以上のように夜歩くことは健康のためにもメリットが大きいため、オススメです

ナイトウォーキングのメリットについて②環境

夜ウォーキングすることのメリットは健康面だけではなく、夜であることを生かしたメリットもあります

夜景

なんといってもこれでしょう。
都市部のイルミネーションを見ながらウォーキングするというのは疲れを紛らわせることもでき、オススメです。

東京では東京タワー、お台場など、横浜ではみなとみらい、大阪では大阪城公園などでナイトウォーキングのイベントが行われているようです。

最近ではナイトウォーキング”コン”なるものもあり、ナイトウォーキングをテーマにした婚活イベントも催されるようです

距離がわかりにくい

ウォーキングのポイントは何よりも距離を稼ぐことです。
明るい時間ですと遥か遠くに見える目標が暗い時はよく見えないので、夜景を見ながら歩いていたら気がつくと目標まで来ていた、なんてことがあります

暗いことで距離を稼ぎやすくなるわけです

まとめ

夜のウォーキングは健康面やそれ以外にもたくさんのメリットがあります。とはいえ、夜出歩くことになるので多少の危険を伴うこともあるかもしれません。

昼間の時間では川沿いなどはオススメのコースですが夜間は街灯が少なくなるところなので、ナイトウォーキングには向かないかもしれません。

夜ウォーキングができそうなところを昼間の間に見つけておいて、実際に歩いてみるなどいろいろ試してみればウォーキングの楽しみも増えるかもしれませんね