パパ臭いとは言わせない!老けないモテ男の臭いケア方法


img_fshion_smell_90

年齢とともに避けては通れないのがニオイです。さらに季節的なものも重なれば自分自身でもニオイに敏感になるようになりますが、ご自身のニオイまた同年代の他の人のニオイが気になったことはないでしょうか。

自分は感じていないかもしれないけど、もしかしたらニオイがしていて誰かに「臭い」なんて思われていたらショックですよね。最近では「スメハラ」という言葉も出てきて、ニオイによるハラスメントとして過剰に反応している人もいますが、ニオイもマナーの一つと言ったところでしょうか。

今回はそんなニオイケアについてと、30-40代の男性に行ってほしいさわやかなニオイマナーについてご紹介しましょう。

ニオイの素を分析してみる

ニオイ、ニオイと言っても自分のニオイがどうなのか分からない人は結構たくさんいるものです。人間の感覚の中で鼻は一番適応能力があると言われているほど、よほど強烈なニオイでない限り「慣れ」を起こして「におわない」と錯覚させてしまうものだと言われています。それでも、【臭い】と思われてしまってからでは遅いのがこの「ニオイ」の問題点です。

体が発するニオイには、汗のニオイ、加齢集、さらに汗とアブラが混じったニオイ、足のニオイ、ワキガ、口臭など様々なニオイがあります。体臭が放つニオイの素は、細菌によるものとサビによるもの、汗によるものがほとんどです。自分のニオイの原因を探り、正しくケアしていくことでニオイマナーのある素敵な男性に慣れるというわけです。

お風呂上がりには必ず髪の毛を乾かすこと

まずは頭皮のケアからしっかり行いましょう。お風呂上がりの髪の毛を半乾きのまま放置している人は頭皮のニオイに注意が必要です。半乾きというのは髪の毛にとって非常に不清潔な状態で、洗いたてであっても細菌が繁殖しやすい状態になっています。しっかり髪の毛を乾かすことでニオイ削減を行いましょう。

お風呂はシャワーでなく、しっかり湯船につかること

お風呂はニオイの素をきれいに出来る場所です。また、体の循環機能を高めてくれる場所でもあり、体内に溜まったサビを排泄してくれる場所でもあります。しっかりと湯船で体を温め、体内に蓄積したサビを出すことが大事です。そしてきれいに体を洗い、しっかりと体を拭くことが大事です。

タバコは体臭と直結する

なかなか辞められないという人も多いのがタバコですよね。しかし、タバコは体臭に直結すると言われているほど、体のニオイを強烈にする要因です。タバコを吸うことで体の中に活性酸素が蓄積し、体をサビさせてしまいます。そして常に体の中がサビた状態になり、どんどんニオイがきつくなるというわけです。今はまだそれほど臭わなくても、タバコを吸っていると年齢とともにどんどんニオイがきつくなっていくので注意が必要です。

有酸素運動でニオイケアを

汗をかくとニオイがするから運動は嫌だという人もいるかもしれませんが、運動をしないと体内の循環が悪くなり、どんどんサビや脂汗が体内に蓄積していきます。汗のニオイ対策はしっかりと汗をかいた後に細菌を繁殖させないことでケアできるようになります。まずは体内に蓄積したニオイの素を排泄し、体外に出たニオイの素をしっかりケアすることが大事です。

まとめ

ニオイのケアを行うにはニオイを知ることから、ということで今回はニオイケアについて30-40代男性に行ってほしいニオイマナーをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

ニオイがするからといって香水をたっぷりつける人もいますが、ニオイにニオイで対抗するととてつもないニオイになってしまいさらに悪臭に繋がってしまうこともあります。また、食事の席などでの香水はマナー違反ですので、出来ればそのニオイの素から対策を行い、ほのかに香るぐらいの香水をつける方がいいですよね。

今回ご紹介したようなニオイケアの方法を是非実践していただき、ニオイにも気を配れる素敵な紳士にさらになっていただきたいと思います。