これさえやれば簡単ダイエット?スパイスダイエットについて


16f928d4ef990d29f0fb557e2abf030c_m

ダイエットをしようと思った場合、あなたなら何をしますか?
答えは2つ。ズバリ『食事』と『運動』です。

先に言ってしまえば、運動するだけではダイエットの効果はそんなに大きくありません。
運動によるダイエットの消費カロリーがそれほど大きくないからです。

体重60㎏の人が1時間運動するとして消費カロリーは以下の通りです。

  • ジョギング:600kcal
  • ウォーキング:200kcal
  • 水泳:1290kcal
  • エアロバイク:280kcal

一時間走ってカップラーメン1杯分くらいの消費カロリーです。
食事は1日3回あるわけですから、1時間の運動に比べてざっと3倍の効果が期待できる計算になります

ですが、食事でのダイエットをしようとすると、どうしてもカロリーを落としたメニューにしなくてはいけません

もちろん、それはある程度当然の話なのですが、たまには高カロリーの食事もしたいですし、私もそうですが、基本的に食事に肉がないのが味気なく、食事自体がつまらなくなります。

そんな、できるだけ食事のメニューをいじりたくないあなたにお勧めなのがスパイスダイエットです

ここではそんなスパイスダイエットについてやり方と注意点についてまとめてみます。
これを読んであなたも簡単ダイエットしてみましょう

スパイスダイエットとは?

そもそも食事とはもともとカロリーを摂取するためのもので、食事の制限をすることがカロリーの制限にも最も効果的です。

逆に言えば食べたいものを食べながらダイエットを両立させるというのは困難なはず・・・どういう事でしょう。

カロリーを消費させるのは上記にあるように運動するのが一つの手段ですが、もう一つの手段として、基礎代謝を上げるというのがあります

結論から言ってしまえば、スパイスダイエットは食事で基礎代謝を上げる為の方法です

辛い物を食べると汗が出たり、体が温まりますよね?
要はあれがダイエット効果になるわけです。次に具体的な方法を挙げてみましょう。

スパイスダイエットのやり方

やり方といってもスパイスを多めにとるだけです。

とはいえ辛ければよいというものではなく、スパイスにもいろいろありますので、辛いものが苦手という方でもスパイスを使い分ければおいしくいただくことができます。
以下に代表的なスパイスを挙げてみます。

カルダモンフェヌグリーク(コロハ)

香り付け、味付け
セロリのような強い香り。カラメルやメープルのような甘い芳香。

脂肪燃焼・糖代謝改善・肥満予防・母乳分泌・疲労回復・胃腸の炎症改善

レッドペッパー(唐辛子)

辛味付け、色付け
カブサイシンたっぷりで刺激的な辛味。鮮やかな赤い色。

脂肪燃焼・肥満予防・体温上昇・血行改善・発汗促進・食欲増進

カルダモン

香り付け、匂い消し、味付け
「香りの王様」とも言われる爽やかな香り。消臭効果での使われ方も広い。

脂肪分解・消化促進・口臭防止

ブラックペッパー(黒胡椒)

香り付け、味付け
香り、味ともにホワイトペッパーよりも強く、料理にピリッとアクセントをつける

代謝促進・消化促進・便秘改善・むくみ改善(水分排出)

ホワイトペッパー(白胡椒)

香り付け、味付け、匂い消し
マイルドな味と香り。肉・魚の臭みを取り、上品な辛味を添える。

利尿作用・消化促進・お腹の張り改善・食欲増進

ガーリック(にんにく)

香り付け、味付け
独特な味と香りでおなじみ。旨味、風味の向上に。

代謝促進・疲労回復・免疫機能向上・老化防止・コレステロール低下

ジンジャー(生姜)

味付け、香り付け、匂い消し
ピリッとした爽やかな辛味。日本では薬味やガリとしてもおなじみ。

代謝促進・血行不良改善・発汗促進・お腹の張りや消化不良改善

ナツメグ

香り付け、匂い消し
甘く刺激的な香りとほろ苦さ

体温上昇・血行不良改善・冷え性改善・消化を助け、下痢を抑える

引用 https://www.karadakarute.jp/tanita/diet/ethnic.jsp

このうちニンニクやショウガなどはいろいろな料理に使えますので応用範囲が広いスパイスです。

また、注意点としてスパイスは刺激物でもあるので、唐辛子のように粘膜を痛めてしまうものや味が変わってしまうものなどもあります

上記にはありませんが、最近特に注目されているのがクミンというスパイスです。クミンはエジプトで生まれ、本場のカレーによく使われている香辛料です。

イランの医療大学研究チームによれば、クミンを定期的に摂取することでダイエットの効果があることが報告されています

クミンはカレーというなじみのある食材に使用されている香辛料のため、料理の応用の幅も十分広い事と、味がはっきりしているので量のコントロールがしやすいというメリットもあります。

以下にクミンを応用した料理をご紹介します

アジア風きんぴら

参考: cookpad.com

クミンのスパイシー風味が美味しくいただけるきんぴらです。お弁当にも彩りよくくわえられます。

エスニック風ツナチャーハン

参考: cookpad.com

ツナとクミンシードのツナチャーハンです。

いかがでしょうか?

クミン以外にもスパイスはいろいろありますので、この際スパイスをいろいろ試してみることで貴方の料理の腕も上がるかもしれませんね?

まとめ

スパイスを用いれば基礎代謝が上がり、カロリーの消費効率が上がります。
これはダイエット以外にも冷え性やむくみなどの代謝が落ちることで引き起こされる症状の改善にも繋がります。

運動は苦手という方や、そこまでの必要がない方にもスパイスをうまく使った料理を作ることで健康な体を作ることができます。ぜひおすすめです!