デニムオンデニムを粋に着こなせ!大人コーデを極める


denim

出典 http://www.leon.jp/snap/

デニムにデニムをコーデするのは簡単なようで以外に難しく、下手をすると作業服に見えてしまいます。

大人の男を表現するには、きれいめのデニムで差をつけたいもの。どんなコーデが人を惹き付けるのか、春には街を彩りたいデニムオンデニムスタイルを紹介します。

色のバランスに注目

デニムオンデニムを粋に着こなす為には、デニムの色や素材のバランスが大切です。落ち着いた大人のデニムオンデニムには、濃淡のバランスを考えましょう。基本はボトムを濃い目、トップスは薄い色を組み合わせます。

ボトムを薄い色にするとカジュアル感が強くなる事やバランスを取るために小物のテクニックが必要になります。かなりのお洒落上級者なら、自然に着こなせますが日本人の肌にはトップスはナチュラルなデニムの方が似合います。

男らしい雰囲気で着こなすなら、ノンウォッシュかブラックデニムがベスト。ワークブーツにデニムをロールアップしてトレンドのストライプシャツにブリーチデニムのジャケットスタイルは、程よくぬけ感がありラフなスタイル。

インにカッチリしたシャツをコーデする時は、足元を外すとバランス良く着こなせます。休日にもっと肩の力を抜きたいのなら、インにはプリントTシャツやシンプルなカットソーをコーデしましょう。

ジャケットよりインのシャツが少し長くなるくらいのバランスがベストです。ジャケットの袖は軽くたくしあげ時計がチラッと見えるぬけを作ります。

 

ポケットで印象を変化させる

デニムシャツには、ポケットのあるタイプとノーポケタイプがあります。

デニムの場合には、フラップが付くので、よりカジュアルな雰囲気が強くなります。ポケット無しのデザインは、ミニマルでモードな雰囲気があるので小細工なしでシンプルに着こなすべき。

ボタンは少し外して一枚で男らしく、ボトムはスリムなデザインでレザーシューズをコーデしましょう。

シャツは基本はインして全体をコンパクトに見せると男らしく決まります。ポケットだけでなく、ボタンにも少しこだわりを持ちたいですね。スナップタイプは、カジュアル感も高いのでボトムの色を選びません。

シャツとジーンズでデニムオンデニムを楽しむのなら、シャツのインも気を配りましょう。きちんと感を出すならベルトで上下をしっかり区分けしておくとクリーンな印象に仕上がります。

カジュアルなら太めのベルトを、シックに決めるならやや細目で型押しタイプがおすすめです。深みのあるグリーン系のベルトは、デニムとの相性も良いので1本用意しておくと良いでしょう。

ベルトを隠すように、シャツをゆったりとするとまた雰囲気が変わります。ビジネススタイルとは違い、ベルトと靴の色は合わせずに外しておきます。レザースニーカーで足をフラットに見せておくとスッキリしたラインが作れます。

 

やってみたいワントーンコーデ

憧れのワントーンコーデは小物使いがキモ。なかなか勇気が入りますが、ワントーンコーデにジャケットやコートをプラスするとナチュラルなワントーンコーデの完成です。色はダークカラーでキリリと引き締めましょう。

襟元にバンダナスカーフを覗かせるのがポイント。ハットやウォレットチェーンも上質ななものを使えばデニムオンデニムもキレがあるスタイルになります。

ややグラデーションをつけるとナチュラルなデニムオンデニムスタイルが作れるので、難しいと思うなら上下の色を微妙にハズしてみてください。

デニムオンデニムの足元はロールアップが基本です。裾はカットせずに折り返ししてぬけを必ず作ること。シューズはカジュアル過ぎないレザーのスニーカーやレースアップシューズ、ワークブーツがおすすめです。