残念な休日のお父さんファッション、改善術をご解説


711b6731a1c0f67b824d598a0a4fd754_m

子どもがいる男性のなかでも子どもが小さいうちは許されるファッションを子どもが大きくなってからも続けているような残念なお父さんいますよね。

お父さんでなくてもある程度年齢を重ねた男性が着ていると残念に見えてしまうのが今回ご紹介するようなファッションです。

着られればいいという感覚かもしれませんが、周りからの視線は冷ややかで口に出して言わないだけで、ダサいと思われていることもしばしばあります。

今回はそんな残念な休日のお父さんファッションがどうすればおしゃれに見えるのか改善術をご紹介しましょう。

 

残念ファッションの代表は和柄のプリントシャツ

好きな人は好きなのかもしれませんが、お父さん世代の人が着るのは残念でしかない和柄プリント。

シャツやズボンなどに刺青や風刺画のように入った龍や桜の花、和服の女性や鯉の柄などのデザインのものがありますが、さすがにお父さんに着てほしくはないものです。

若いつもりかもしれませんが、返ってそういった柄が痛々しく、センスないの一言で片づけられてしまいます。

和柄が好きなのであれば、あえて着物を着たり和柄箱物で取り入れたりするなどしたほうがカッコよく見えます。

 

ブランドを前面に押し出したアイテムはNG

ブランドのロゴをあしらったベルトやブランドのロゴが前面に入ったシャツなどを着て、あからさまにブランドアピールするファッションは危険以外のなにものでもありません。

20代そこそこの若い人であればまだしも、お父さんがブランドロゴを主張しているのは大人としてのセンスがなく残念なものになってしまいます。

ブランド物の洋服や小物を使うのであれば、さりげない着こなし方が大人としての魅力をアップさせてくれ、またファッションセンス良く見えるポイントになります。

ワンポイントに小さくロゴが入っているようなシャツや襟元だけなどのワンポイントでわかるようなブランドのアイテムに切り替え、分かる人には分かる大人のおしゃれを取り入れることでグッとセンスが良くなります。

 

流行りを全面的に取り入れたファッションは残念

若い人の感性についていかないとと考えるお父さんたちも多く、流行を追っていればオシャレだと思っている人も多いかもしれません。

しかし、流行を全面的にアピールしたファッションをお父さんがしているのはダサイとしか言いようがありません。流行もので身を包んだお父さんはむしろ安っぽく見えてしまいます。

流行ものを取り入れるのなら小物で取り入れたり、ワンポイントだけ取り入れたりするのが大人のファッションです。
ベーシックなものの中に上手に取り入れてミックスさせるからこそオシャレに見えます。

流行っているものがオシャレだと勘違いしないようにしましょう。

 

昔流行った洋服を今も着続けているのはダサイ

若い頃に流行ったような洋服を今でもきている人がたまにいますが、ハッキリ言ってダサイの一言です。
独身の若い頃に着ているからこそカッコよく見えた洋服も、年齢が変わればダサく見えてしまいます。

ブーツカットのジーンズや、B系のジーンズ、激しく色落ちして破れたデザインのジーンズなどをいつまでも履いていないですか。若い頃によく来ていた前面英字が書かれたようなシャツやキャラクターの入ったシャツを今も着ていないですか。
これらは全てNGです。

体型だけでなく、肌の色、肌のハリが変われば似合う洋服も変わってきます。
お父さんだけでなく、大人の男性のファッションの基本はシンプルです。

シンプルなデザインの洋服に小物遣いで上手に着こなすことでオシャレさが増します。

昔の洋服は思い出と一緒に飾っておき、今の自分を受け入れたうえで今の自分で洋服を選んでいくのがポイントです。

 

お父さんのオシャレに必要なのはスタイリッシュで清潔感のあるファッション

今回は残念な休日のお父さんファッションということで、どういったものが残念なのか、どうすれば改善されるのかをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

男性はファッションに意外と悩んだり、何を着たらいいのか分からなかったりする人が多くいます。特に仕事で毎日スーツを着ているとたまの休日に何を着ればいいのか困ってしまいますよね。

子どもが女の子の場合はなおさらファッションにも気が抜けないということもありますが、お父さんがまず心がけなくてはいけないのは清潔感のある服装です。

年齢を重ね肌のトーンも下がってくると透明感が失われ、清潔感が鈍くなってきてしまいます。
そういう時に今回ご紹介したようなゴテゴテのファッションをしてしまうと、さらに残念に見えてしまうものです。

清潔感をアップさせるにはさりげなさとスタイリッシュさがポイントになります。今回ご紹介したようなことを参考に是非、おしゃれなお父さんに変身してみてください。