春のファッションは旬な『ラグスポ』コーデを楽しむ  


07img_ラグスポ

出典:http://www.leon.jp/snap/11_12_2015-snap87

有名な俳優がモデルでも登場する『LEON』でも度々登場するキーワード『ラグスポ』は、ラグジュアリーとスポーツをミックスしたスタイルで真逆にあるアイテムを取り入れることで、ぬけ感のあるコーデを楽しむ事。

なんとなく頭では分かっても実践しにくそうなこのスタイルを、どんな風に楽しむのか、そしてナチュラルに決めていくのかを今回は紹介していきましょう。

 力を抜いてオシャレを楽しむ!!

近年は『どこかにハズしアイテム』を取り入れるスタイルが主流になりスーツも着流ししたりスニーカーを合わせたりと『崩しのテクニック』を制したものがオシャレを制する印象を受けます。

スポーティなアイテムは、休日スタイルでも活躍するものですから、皆さんも気に入っているアイテムを上手くコーデ出来ればと考えていると思います。

スポーティなアイテムは、上品にコーディネートすればタウンファッションとしても非常にエレガントなものです。

なかなかスポーティなものを品のあるラグジュアリーなアイテムと組み合わせる事はないので『何をどんな風に』組み合わせるのか、小物が良いのかジャケパンスタイルの方が決まるのか悩み処でしょう。

いつものジャケパンスタイルをラグスポにチェンジ

休日にはラフに出掛けたいものですが、やはり『きちんと感』は大人スタイルには欠かせません。

ジャケパンに足元をスニーカーに変えるだけでも、確かにラグスポなのですが、もう一歩踏み出してジャケットをナイロンパーカーやブルゾンにチェンジ。

クルーのコットンセーターやヘンリーネックのきれい目カットソーで品格のあるスタイルの完成です。ラグジュアリーとスポーティを半々にする事で、スーツの着流しとは違った大人のカジュアルスタイルを完成させます。

トレンチやステンカラーコートに、シンプルなニットとスエットスタイル。足元はスリッポンで見た目にもしっかりとしたスタイリングを!

上質で品のあるアイテムと素材感のバランスがラグスポの極みです。

ラグスポにはレザーのディパック

レザーのディパックならスーツをラグスポスタイルに簡単に変身させる事も出来ますし、何時もはクラッチバックだったのならオフ日にも着回せます。

デザインはスポーティでも素材にラグジュアリーなものを使えば、ラグスポ初心者も一気に旬なスタイリングを楽しめるのです。

 ジャケパンにパーカーをプラス

ジャケパンスタイルでもう少し遊び心を!と思うならジャケットのインにパーカーをプラスしましょう。

ジャケットとシューズの色をまとめて、インナーとパンツのトーンに注意すれば大人のラグスポにも。ネイビージャケットにグレーパーカー、オフ白ニットにグレーの柄パンツで決めてみてください。

 スエットパンツもジャケットでラグスポ

部屋着のスエットのようにゆったりしたものではなく、タイトでしっかりした素材のスエットがラグスポには重要です。

トップスはシンプルなカットソーでシューズはデッキタイプなら『大人のやんちゃさ』を残しながら品格もプラスできます。

もちろんバックはレザーでトートタイプをコーデすると春らしく軽やかですね。気をつけたいのは、時計はスポーティなものよりクラッシックな重みのあるものを選ぶとラグジュアリー感も程よく旬なスタイリング。

 

一見ミスマッチであるような、ラグジュアリーとスポーティのミックススタイル。

これはファッションだけでなく、時計やスニーカーにも顕著に現れています。エッジを効かせながら、男性のファッションを更に美しくエレガントに見せる為のスパイスでもあり、もっとファッションを楽しむための新しい風でもあります。

キレのあるスタイルは、ラグジュアリーだけでなく遊びをプラスしてこそ完成するもの。この大人の遊び心を具現化したものがラグスポの真髄ではないでしょうか。