聞き上手な賢い男になる方法!男性と女性の思考の違いから考察する


41222198e59c5d0940a9c5666f357bb5_m

女性との会話で何よりも大事なのは、聞き上手かどうかだということを一度は耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

女性の積極的社会進出も伴い、昭和の時代のように女性と男性が分かれて教育を受けたり働いたりということがなくなりつつある現代で、最近では男女間の親友なんてものも生まれるほど男性と女性は距離が近づいたように感じます

それでも、なかなか同じような視点や思考で物事が考えられないのが男女の不思議なところで、相手が何を求めているのかはわかりにくいものですよね。

「彼氏、彼女」という言葉に象徴されるように、「遠く彼方の男性(氏)、遠く彼方の女性」という根本的な距離感はなかなか埋まらないものかもしれませんが、それでも相手を知ろうと距離を縮めることは非常に大事なことです。

女性との会話では何よりも大事な共感と聞く力

女性と接するにあたって、特に恋愛においては聞き上手な男性でいられるかどうかはとても重要なポイントです。

ただ注意しなくてはいけないのは、聞き上手と言われて「黙って話を聞いてればいい」というような解釈をしないこと
聞き上手と相手の話に相槌を打つこととは全く違うものです。

もちろん、相槌を打って相手が話をしやすくしてあげることは大事なことですが、「うん」や「へぇ」、「そうなんだ」などと言われ続けても女性からすれば話を聞いてくれていないように感じてしまいます。

これでは返って女性は話をしづらくなってしまいます。

大事なのは共感してあげること

そこで次に大事なのが共感してあげることです。

女性が話す内容についてまるで自分のことのように喜怒哀楽の感情を乗せて話を聞くことができれば、女性は「この人は親身に自分の話を聞いてくれている」と感じるようになり、どんどん打ち明けてくれるようになります。

これは恋愛に限った話ではなく、ビジネスシーンであっても同じことです。

女性の脳は感情を中心に働きかけるのに対して、男性の脳は理論を中心に物事を話すことができます。
つまり聞き上手は女性の感情的な脳に寄り添ってあげることそのものになります。

女性が男性に求めるものはキャッチ力

女性との会話は共感と聞く力が大事ですが、女性は話す内容に対して男性に意見を求めていたり、答えを求めていたりするわけではありません。

自分が持ちかける話とその状況の自分を誰かに受け止めてほしいと考えている場合がほとんどです。

男性は女性から話を持ち掛けられると「相談されている」「頼りにされている」と考えてしまいがちで、どうにか男性としてアプローチができないかとアドバイスをしたり、助けてあげたいと考えたりしてしまいます。

まさにここが男性脳と女性脳の違いですが、男性脳では目の前で弱っている獲物に対して今なら狩りができると考えてしまいます。

その結果、女性が話す会話に対して受け止めるのではなく跳ね返してしまうので女性の中で男性の評価が下がってしまうということが起きてしまいます。

女性は男性に話を持ち掛けるとき、結論を求めているわけではなく包容力を求めています。
女性の言葉をしっかりと受け止めて飲み込んであげることが大事になります。

モテる男は実践中!聞き上手になるポイントを押さえてスマートな男性に

男性と女性で会話一つにしても求めているものがこんなに違うということがわかると、何やらすごく難しい感じもしますが、女性との会話で重要なポイントさえ押さえておけば実はそこまで難しいものでもありません。

大事なのは、聞く力、共感することですが、それを実行するためにはまず相手が話している最中に相手の話を中断させないことです

そして女性が話しやすいよう目を見てしっかり話を聞きながら、感情をこめて相槌を打ってあげること

そして女性が話にひと段落終わって沈黙になったら、映画の感想を述べるように女性の話を聞いて自分がどう感じたかを述べるようにすることも会話が続くポイントです。

この時に絶対に「自分だったら」と意見を述べないようにしましょう。
これさえ押さえれば女性もどんどん話をしてくれるようになりますよ。

皆さんも聞き上手になるポイントを押さえて、賢いスマートな男性を目指しましょう。