既婚者に朗報?最近話題の既婚者合コンとは?


75f78391df228dc5880c053c9ce9574b_m

いきなり豆知識から入りますが、結婚式で二人のエピソード紹介の際、出会いのきっかけを『友人の紹介』とされる場合、大抵は合コンです。

もちろん本当に紹介されるケースもありますが、一対一の場合、お互いの気持ちが一致しないケースもあり、仲介役が非常に気を遣います。お見合いの仲人が敬遠される理由、そしてお見合い結婚自体が減少する理由です。

その点、合コンは複数対複数で選択肢があり、何よりも仲人(幹事)が気を使うだけでなく、自分も参加することができます

こうした気軽さ、出会いの可能性の高さから、出会いのない相手は頻繁に合コンに参加することもしばしばです。

逆に言えば、決まった相手、特に結婚相手がいる人にとっては、合コンはすでに”とおった道”であり、基本的に必要ないものです。というより、よからぬ話に繋がりうる為、参加すること自体どうかという感じでしょうか。

ところが、そんな既婚者でも合コンに参加するケースがあるようです。
ここではそんな既婚者が参加する合コンについてまとめてみます

 

既婚者合コン(パターン1)

これは全くお勧めできません。『既婚者であることを隠す』パターンです

探偵の浮気調査などでも浮気のきっかけが合コンであることが相当数あるようです。

そもそも結婚までの手段である合コンに、結婚してからも参加したくなる理由とは何でしょう?

結論から行けば、理由は様々、

  • 女性と知り合う初々しい感じを何度も味わいたい
  • 割り切った関係になれる相手を探している
  • 今のパートナーに不満があり、ウサ晴らし
  • 今のパートナーに不満があり、次の相手を探している

などでしょうか?

いずれにしても、結婚している、パートナーがいることを隠しているわけですから、女性側がそれを知ることができるはずもなく、待っているのは泥沼の修羅場のみ。運よく回避できても、それが何度もできるはずもなく、いずれは地獄を見ることになります。

合コンに参加するだけで不倫になるかというと微妙ですが、既婚であることを隠す以上、単なる飲み会というのは理由としては苦しいでしょう。下心があるとみられて当然と言えます。

ちなみに、既婚者は独身と比べて制約が多いので、よく観察すれば見抜くことは不可能ではありません。

  • 頑なに家に入れようとしない
  • FacebookなどのSNSをやっていないと言う

いずれも、普段の自分や交友関係を見せると既婚であることがばれてしまうため、プライベートを見せようとしないわけです。女性の方、こういう男性を見かけたら要注意です

 

既婚者合コン(パターン2)

お勧めというわけではありませんが、『既婚者であることを公開する』パターンもあります

日頃のストレスを発散するためという目的で、連絡先の交換をしない、女性は終了10分前に先に退場する等のルールを設け、サービス提供している会社があります。

「家族をかなしませない!」とモットーを掲げていますがやはりパターン1よりはましという程度でしょうか。女性にしろ男性にしろ素性が分かっている分、多少はまともかもしれませんが、必ずしも店を出た後ルールを守っているかの保証はありません。

この場合、参加の理由は上記のうち

  • 割り切った関係になれる相手を探している
  • 今のパートナーに不満があり、ウサ晴らし

の割合が高くなると思います

このパターンの最大のポイントは、既婚であることを公開しているため、お互いの事情を考慮しながら、バレないように行動できることです

極端なことを言ってしまえば、割り切った関係をお互いが希望し、カップルになった場合、余程暴走しない限りパートナーが気づくのは困難であり、そのままズルズル関係を続けてしまうというケースも考えられます。

既婚であることを公開すれば、すべてOKというわけではありません

ただ、単純に女性と話したりすることが楽しいという男性も多く、キャバクラなどのプロの女性ではいまいち盛り上がれないという男性が参加するというケースもあるようです

 

まとめ

既婚者が参加する合コンというのは周りに余程理解のある方がいなければそもそも成立しません。

隠したら修羅場間違いなし。既婚であることを公開しても、転び方によってはばれずにズルズルと泥沼へ。

もちろん、中には健全なパターンもあるようですが、既婚者の場合、妻以外の女性と話すなとまでは言いませんが、あえてリスクに高い合コンよりも、べつの方法を考えた方が良いかもしれません。