スマホ依存症を治す方法 いい大人がスマホばかりじゃみっともない!


5fe67ffa9ee2c65f857faf3dbe60e35e_m

現代社会において、切っても切れない存在になっているのがスマホですよね。
スマホ一つあれば何でもできてしまう便利な世の中ですが、それゆえについつい陥ってしまうのがスマホ依存症です。

スマホを朝から寝るまで触っていないと落ち着かないという人も多いのではないでしょうか。
このスマホ依存症は今や日本だけの問題ではなく、世界中で深刻な問題となっていてスマホ依存はアルコール依存症やや薬物依存症と同じくらい危険だという研究結果も報告されるほどです。

電車などに乗っていても、電車に乗っている人全員がスマホを触って見ている光景は異様なもので、びっくりしてしまうこともありますよね。

そんな中ごくまれにスマホではなく、あえて小説のような本を読んでいる男性がいますが、そういった知的さあふれる男性の行動は女性の心をグッと鷲掴みにするものです

今回はそんなスマホ依存症を直して大人の男性の魅力をアップさせる方法をご紹介しましょう。

 

スマホ依存症が招く本当の危険についてまずは把握しよう!

スマホ依存症をただ単にスマホをずっと触っていないと落ち着かない症状だと思っていませんか。

スマホ依存症は様々な心理に密接に結び付く病気といっても過言ではないほど危険なものです
スマホがないならないでどうにでもなると思っている人のほうが案外陥りやすい病気で、いざスマホのない生活を1日送ろうものなら時間をどう使っていいかわからないという人がほとんどです。

スマホ依存症になってしまうと、人とのコミュニケーションに敏感になり上手な人間関係が築けなくなってしまうだけでなく、最悪の場合うつ症状を引き起こしてしまうこともあります

うつになってしまうと日常生活がままならなくなるだけでなく、仕事や家族にも影響を与え自分自身にも不安を抱えて生活を送るようになります

うつでない人は、「気の持ちよう」「気合があれば治る」などと軽く考えてしまいますが、実際にうつになると治療はなかなか困難で何もかもすべてが上手くいかなくなるというスパイラルに陥ってしまいます。
そうならないためにも、スマホ依存症にならないように注意しましょう。

スマホ依存症を治す方法 初級編

スマホ依存症を治す方法はいくつかありますが、その中でも軽度のスマホ依存症の人に効果的な方法がスマホをカバンの中に入れてしまうということです

カバンの中にしまってしまうことですぐに取り出すことができず、SNSなどの通知にもすぐに気づかなくなります。

本当に大事なことであれば連絡してくる方も電話をかけてくるので、長時間バイブ振動や音楽が携帯から流れていればさすがに誰でも気づくことができます。常に手に持っている状態を避けることがスマホ依存症には効果的です

スマホ依存症を治す方法 中級編

スマホ依存に陥ってしまう人の大半が何に縛られるようになるかというと、スマホ内にダウンロードしているSNSアプリケーションソフトです

SNSは様々なネットワークによって繋がりを楽しむものですが、それゆえに架空人物、実在人物とのコミュニケーション手段にもなるものです。

ただ、メールなどと違ってチャットのように頻繁に会話するものが多く、SNS内でコミュニケーションをとる人の多くがリアルタイムでのコミュニケーションをとりたがる傾向にあり、スマホ依存症の人がほとんどです

またスマホ依存症の人は「かまってちゃん」であることが多く、自らもSNSへの何気ない投稿などを頻繁に行っています。
SNSの利用を減らし、投稿する内容も1週間に2回程度にすることで頻繁にどうでもいいコメントがつくことも減りスマホ依存から脱却できます

また投稿回数を減らすことは自分が書いた内容をじっくり読んでくれる人も増えるメリットがあるので、自分の気持ちをまとめて文章を書く能力が養われます。

つぶやきのようなSNSの利用はやめ、時間をおいてSNSと付き合っていくことがスマホ依存からの脱却につながります。

スマホ依存を治す方法 上級編

スマホ依存を治す方法でもっとも効果的なのが、スマホを持たないことです
これはスマホ依存に陥っている人ほどキツイ治療方法になりますが効果のほどは圧倒的です。

スマホ以外に連絡手段がないという人もいるとは思いますが、必要なことは電話で連絡が来ると考えるようにし、一時的にガラケーを持つことでも効果は得られます。

思い切ってスマホを家に置いて1日出かけてみてください。
最初は今までスマホでつぶしていた時間を上手くつぶせなくて手持ちぶたさを感じるかもしれませんが徐々に慣れてきます。

また海外旅行に行ったときなどスマホがオンラインにならない状況だと思えばそれほど苦痛でもないはずです。
スマホに支配されるのではなく、スマホを支配するのが人であるということを忘れないように心がけましょう。

 

大人だからこそスマホと適切な距離を保つこと

今回はスマホ依存症を治す方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
確かに便利なスマホですが、スマホに依存してしまうということは、スマホに自分が支配されているといっても過言ではない状態です。

周りからも余裕がないように見え、スマホに頼らないと何もできない人と思われてしまうこともあります

それが大人であればあるほどダサく見えてしまいますよね。
今一度スマホと自分との距離を確認し、スマホを操っているのが誰なのかをしっかりと意識して大人の余裕のある生活を心がけてみてください。