ヨーロッパサッカーの神髄を味わう!!〜スペイン編〜


img_news_spain

引用:http://www.wowow.co.jp/sports/liga/news_130325_2.html

世界で最も競技人口が多く、おそらくルールを知っている人が一人もいないという国はないであろうスポーツがサッカーです。国としての世界一を決めるFIFAワールドカップはもちろんのこと、日々のリーグ戦も非常に盛り上がっています。

2014年にブラジルで開催されたワールドカップでは、本田圭佑選手や香川真司選手など世界的に有名な日本人選手に熱狂する人が増え、知名度も一気に上がりました。これら日本人選手の多くは、海外のチームでプレーをしています。そんな海外サッカーももっと深く知ってみるのはどうでしょう?

海外でプレーをしている日本人選手のチームを応援するのも良いですし、日本人がいなくても有名なチームのサッカーはホントに観ているだけでワクワクさせてくれるサッカーの面白さがあります!

最近は、若いイケメン選手も増えたことや可愛いグッズが増えたこともあり、サッカー好きな女子も増えています。スタジアムでの観戦だけではなくスポーツバーで楽しめる場もたくさんできていますので、見るポイントを教えてあげてみんなで楽しむこともできます。

ひとたび興味をもったならとことん追求し深い知識を得る、そしてすぐ行動するのが大人の趣味の楽しみ方です。仕事だけではなく、遊びも真剣に向き合って楽しんでいる男性は魅力的に映るものです。ヨーロッパサッカーにハマッてみるのはいかがでしょう!?

ヨーロッパサッカー

国としての強豪国はブラジルやアルゼンチンなどの南米の国も入りますが、国別のリーグのレベルが高いのは何と言ってもヨーロッパです。

ヨーロッパのクラブチームは世界中からハイレベルな選手を掻き集め、日々切磋琢磨しています。また、毎年開催されるヨーロッパ各国リーグの上位チームのみが参加できるUEFAチャンピオンズリーグはワールドカップを上回るレベルであると言われています。

今回はサッカーが好きすぎる私が、ヨーロッパのサッカーリーグトップ4である、スペイン・イタリア・イングランド・ドイツについて、そのリーグの特徴や強豪チームなどについて4回にわたってまとめていきたいと思います。

初回はスペインについてまとめます。

スペイン:Liga Española(リーガ・エスパニョーラ)

FIFAランキングとは別にヨーロッパサッカー連盟(UEFA)が設定しているUEFAリーグランキングで堂々の1位がこのスペインです。

UEFAランキングはUEFAの主催する大会で好成績を収めたチームが獲得するポイントの合計を国別にまとめたものですが、要はスペインリーグのチームはヨーロッパで満遍なく良い成績を収めているということです。

このリーガ・エスパニョーラですが、群雄割拠というわけではなく、基本的に2つのチームが覇権を争っているリーグです。

サッカーを知らない人でもこの名前は知っているでしょう。レアル・マドリーとバルセロナです。

リーガ・エスパニョーラの強豪チーム①レアル・マドリー

首都のマドリードを本拠地に置くスペインを、いやヨーロッパを代表するチームです。

UEFAチャンピオンズリーグ優勝回数は最多の10回を誇り、その圧倒的な資金とブランド力を武器に世界中から超一流選手のみを集め、タレント集団を作り上げています。ガラクティコス(銀河系選抜)などとも言われ、選手の個人能力だけで相手チームを粉砕していくことができてしまうほど。

近年ではとにかくクリスチアーノ・ロナウド。試合数よりもゴール数の方が少なくなると心配されてしまうのは彼くらいのものでしょう。彼以外にも、ガレス・ベイルやハメス・ロドリゲス、カリム・ベンゼマなど、各国の絶対的エースを揃えた圧倒的なチームです。

リーガ・エスパニョーラの強豪チーム②バルセロナ

スペインもう一つの大都市であるバルセロナを本拠地としています。

このチームもチャンピオンズリーグを5回制覇しており、世界的な強豪チームです。何よりも特徴的なのが、下部組織から一貫して一つのフィロソフィーに則ったチーム作りをしていることです。『ボールは決して疲れない』と。彼らはボールを保持し続け、スペクタクルな試合を展開することを信条としています。1−0で勝つよりも4−5で負けた方が良い。そんな攻撃的なサッカーを志向しているチームです。

バルセロナといえばこの人、リオネル・メッシに尽きます。大げさではなく、我々は彼と同じ時を過ごしていることを光栄に思うべきかもしれません。

近年のバルセロナはこのメッシを軸としたブラジル代表ネイマール、ウルグアイ代表のルイス・スアレスのトリオのいわゆる『M(メッシ)・S(スアレス)・N(ネイマール)』の反則(笑)3トップが爆発しており、従来のポゼッションだけでなく、鋭いカウンターアタックもできるような万能チームに昇華しています

リーガ・エスパニョーラの強豪チーム③アトレティコ・マドリー

近年、バルセロナとレアル・マドリーの2強体制に待ったをかけつつあるのが首都に本拠地を置くもう一つのチーム、アトレティコです。

もともと古豪として一定の実績を持ったチームではありましたが、低迷期が長く、また躍進した翌年に低迷するなど安定しないチームでもありました。しかしチームのレジェンドであるディエゴ・シメオネの監督招聘を機に一つとなり、どんなチームにも走り勝つソリッドなチームに仕上がっています。

現在の中心選手はアントワーヌ・グリエーズマン。フランス代表の24歳はチームを象徴するような豊富な運動量で多くのチャンスに絡み、得点を量産しています。

 

リーガ・エスパニョーラは前述のように近年のアトレティコの躍進もあるものの、基本的にはレアル・マドリーとバルセロナが覇権を争っており、優勝もほぼこの2チームが独占しています。

日本のJリーグも含め、このような常勝チームが相手の場合、通常相手チームは引き分けスコアレスドローを狙った戦い方をするものですが、この国は格下のチームが果敢に王者に挑んでいくリーグです。その結果多くは5−0などの派手なスコアで大敗するのですが、戦術がはまってアップセットを演じるチームが出てくることもあります。

基本的な考え方は、『どうやって崩すか』これをどのチームも必死に考えているリーグです。そうしたリーグの風土が自国民であるスペイン人の高いテクニックを育む土壌となっています。

王者の圧倒的な強さに酔いしれるも良し、その王者に勇敢に挑む挑戦者の中の原石を見出すも良し。リーガエスパニョーラはボールを愛するアタッカーに酔いしれる、そんなリーグです。